タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

群盲象を・・・・/篠田節子著「インドクリスタル」

2015.03.12(18:34) 1516

香港人の友達がママと一緒に日本にやってきました。
一緒にご飯しましょ、ということで待ち合わせた東京駅。
大体ここは迷子になるのですが、奇跡的に迷わず約束のお店にたどり着きました。

壱岐のウニ屋さんです。


あたしはウニと卵のどんぶり。


食後に丸ノ内線に向かう途中で東京駅の正面玄関に。
綺麗になってから初めて見ました。

わああ!きれい。
友達以上にきょろきょろしてました。








今日読み終えた本。


アマゾンより。
人工水晶の製造開発会社の社長・藤岡は、惑星探査機用の人工水晶の核となるマザークリスタルを求め、インドの寒村に赴く。宿泊先で使用人兼売春婦として働いていた謎めいた少女ロサとの出会いを機に、インドの闇の奥へと足を踏み入れてゆく。商業倫理や契約概念のない部族相手のビジネスに悪戦苦闘しながら直面するのは、貧富の格差、男尊女卑、中央と地方の隔たり、資本と搾取の構造―まさに世界の縮図というべき過酷な現実だった。そして採掘に関わる人々に次々と災いが起こり始める。果たしてこれは現地民の言う通り、森の神の祟りなのか?古き因習と最先端ビジネスの狭間でうごめく巨大国家を、綿密な取材と圧倒的筆力で描きだした社会派エンタメ大作。構想10年、怒涛の1250枚!

一気に読みました。

チャーイのことを「甘い紅茶」とか、ルンギを「巻物」とか、特にインドが好き!という人でなくてもわかりやすい言葉で書かれているというのも読みやすさの一因だったと思います。

過酷な運命半生と彼女のミステリアスな雰囲気が妖しさを醸し出すロサや、
あたし自身がインドで感じる彼らとのコミニュケーションの取り方の違いからの違和感が、
主人公の藤岡の目を通して語られていて感情移入しやすかったかな。


もちろん、ここで語られているものがインドのすべてではないけれど、これもインドという国の一部ではあるよね、きっと。

インドのすべてを語ることは至難の業、という事を、この本の中でも「群盲象を撫でる」と表現していたけれど、本当に言いえて妙。
その語りつくせない多様性やもどかしさにあたしは夢中にさせられてるんだろうなあ。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<土鍋 | ホームへ | 映画の後に>>
コメント
香港の人って、生うに食べられるの?
ちょっとした驚き。
私は大量には食べられないの。
お寿司程度で十分。
東京駅も、以前やっほーちゃんと会ったときはほっかむりしてたね(^-^)
【2015/03/13 08:03】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
> 香港の人って、生うに食べられるの?
> ちょっとした驚き。

彼女は大好きよ。
サーモンとウニのパスタの他に板ウニも頼んでたわ。

他のお魚も好きで、日本に来るたび築地で美味しいもの食べてるみたいよ。
確かに香港人なのに珍しいよね。
でも、香港のは新鮮じゃないから食べないんだってw


> 私は大量には食べられないの。
> お寿司程度で十分。
あ、確かにそうかも。
こういうのって、うわあもっと食べたい!ってくらいでちょうどいいのかも。
> 東京駅も、以前やっほーちゃんと会ったときはほっかむりしてたね(^-^)

そうだそうだ。
ニュースでは綺麗になったの見てたけど、今回初めて見てお上りさん丸出しで眺めたよ。
【2015/03/13 10:16】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1516-b427dfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。