タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Ashishさんもステキ/Veera

2015.06.23(21:40) 1570

映画はやっぱりヒロインが大事!

個体識別がつくのはもちろんのこと、
ナヨナヨするだけの添え物のヒロインなんて、いなくてもいい!いても、邪魔にならなければ、(つまりヒーローの足を引っ張らなければ)良い!

そんなあたしをひきつけてやまない人、と言えばカンナダのアクション・クィーンMalashriさん。

まらしゅり

あたしはまだ「Shakti」しか見てないのですが、久しぶりに女傑モノが見たくなりました。

ということで今日のチョイスは「Veera」。



お話。
香港に根城を置く Rahul Dev Mukul Dev演じる詐欺師兄弟RD。
彼らから偽札を融通してもらい、政治家になりあがろうとする男。

彼らの部下Komalのもとに彼の祖母から結婚相手として送り込まれた女性。

やがて彼らの組織が何者かによってじわじわと破壊されて行きます。

徐々に暴かれる兄弟の過去、そして謎の女の正体とは!?


まあ、謎の女がMalashriで、当然のごとく、詐欺師の兄弟の悪事を暴いていくのですが、
その前提となるエピソードがMalashri演じるVeeraの幼少期。
彼女の弟は彼女の目の前であるものに殺されていたのでした。

彼女の生い立ちを知る警官Garudachar(Ashish Vidyarthi)。

後半になってMalashliとAsishのエピソードが入ってくると、前半のドタバタ感から一気に人情ものになっていくのね。

彼女の苦しみを知るGarudacharの前で成長していくVeeraの姿が沁みる。
そして、初めて見るMalashriさんのサリー姿。
お馴染みなのは勇ましい服なので、こんなサリースタイルも新鮮で素敵。
どんな戦闘シーンでもほとんど崩れない髪型も!

VCDで字幕なし、念力全開で大丈夫か不安でしたが、予想以上に面白かったです。
これからも折に触れてカンナダ女傑モノ、見ていきたいわ。

ラスボスを演じたRahul Dev ってもともとヒンディの方なのね。
WIKIで見たらシャールクのAsokaに出てたのか。(記憶にないけど)

でもやっぱり心惹かれたのはこの作品はAshishさんかなあ。

bommali_movie_stills_5440_convert_20150623214022.jpg
おとっつぁんが男気にあふれていて感動しました。

Tv9のエンタメコーナーより。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<SethuとHuchcha、かわりばんこに | ホームへ | これも堂々のSudeep作品/Shravani Subramanya>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1570-937fc0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。