タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アジットのあああ~/Vaali

2015.11.12(10:57) 1637

タミル映画「Vaali」。
主演はアジット・クマール。

2001年に公開されたSudeep作品のオリジナルタミル版。(1999年公開)

こちらもおそらくお話はほとんど同じ、というか、カンナダ版がオリジナルにかなり忠実に作られたわけね。

WikiによればSudeep様より2歳年上のアジットは1990年に映画デビューとのことなので、この時すでに10年選手。
Sudeep様が主演3作目で、なんとなく初々しさも見ようと思えば見えるような垂涎ものになっているのに対して、
アジットはすっかり主演俳優も板についた感があるのは色眼鏡ゆえか・・・・もしれない。

耳の聞こえなもののやり手の実業家双子の兄Deva。
そんな兄を慕いながら自分もコンピューターの学校に通うShiva。
Shivaが同じ学校に通うPriya(Shimran)と惹かれあうようになったとき、
同時に兄Devaも街で見かけた彼女に強烈に惹かれあの手この手で彼女を探していたのでした。
しかし、彼女が誰なのか知ったのは皮肉にも弟の恋人と知った時でもありました。
ShivaとPriyaは結婚。
しかし彼女をどうしても忘れられないDevaはあの手この手を使い二人の甘い夜を妨害し、
さらに彼女をわがものにしようとするのでした・・・。


カンナダ版を見たときは、ShivaにもDevaにも共感してました。
だってどっちもSudeep様だし!

で、このタミル版はまず、若かりし頃のアジットの細さに驚愕し、
ちょっとあごの細いところがカンナダのクレイジースター、ラヴィチャンドランっぽいなあ・・と。

それよりも(えっ?)見どころはヒロインShimranが綺麗だったこと。
主演のアジットよりガン見したかもしれない。

Shivaの作り話の中に出てくるSona役のJyothikaもいとよろし。

あたしとしてはめったにないヒロインにご注目の作品となりました。

Devaの妄想ソング。
Devaの悶々のたびに流れる悩ましいあああ~。



Sudeep様のあああ~。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<秋の花たち | ホームへ | Sudeep様とHappy Deepavali  >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1637-0cfe5805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。