タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Huli Hebbuli

2016.01.19(13:53) 1687

今年最初に見た作品もまだだった。

Shankar NagとTiger Prabhakarの「Huli Hebbuli 」

YOUTUBEで見た念力モノです。

Huli Hebbuli


下赤タイツに紅い覆面の怪盗を捕まえるべく駆けつけて直接対決をしたVijay(Tiger Prabhakar)。
16.jpg

しかし、隙を突かれ岩で頭を強打され意識を失ってしまいます。
怪盗は彼に自分の赤タイツを着せてそのまま立ち去ります。

駆けつけたAjai sir(Shankar Nag)は
90.jpg


意識を失って倒れている赤タイツ男を逮捕します。
赤タイツ男(実はAjay)は意識を取り戻すものの記憶を失っています。

しかし、真の怪盗赤タイツに襲われる女性の声を耳にし、再び現場に駆けつけます。
追う警官Vijay。

再び病院に連れ戻されるAjay。
しかし、実は彼はVijayの兄さんでした。
そのことに気付いた母。

Ajay兄さんはかつて父親を殺した男(実はこの男は怪盗赤タイツを繰る悪徳政治家)を父の敵とナイフで襲ったことから警官に連れて行かれ、その後行方不明になっていたのでした。

正義一徹のVijayもその事実をやがて受け止めるようになります。

しかしAjjayは父の仇を打つためViyayの静止を振り切って立ち去るのでした・・・・・。

字幕が無くて、念力もの。
たぶん、こんなお話。

2人の兄弟が母親を慕い、
2人のお口に交互にご飯を食べさせてあげるとこなんざぁ、胸を打たれる名場面、と思います。

以前はびっくりしたけれど、インド男子の母さん大好き!な姿は今やあたしの中は当たり前のこと。
むしろ母親につっけんどんな日本の男性の方が正直薄気味悪いくらい。
だって、絶対ママが好きだもの。

警官としての正義を貫こうとする弟と、
父を殺されたことの復讐に生きる兄の、
一徹すぎる二人の絡み合いが面白い作品でした。





スポンサーサイト


んさいげん!


<<巻き物愛好家友の会公認作品!/Rajuni Murugan                T-1 | ホームへ | Sudeep様がやってくる?! >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1687-bd747144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。