タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

グリーンアイスと「Drishya」

2016.05.23(21:33) 1746

去年の秋に買ったミニバラ「グリーン・アイス」。

バラはなかなか上手にできないのですが、咲いてくれてます。
2月に花が終わった後、切り戻しではなく折って新芽を育ててみました。
うまくいったかな。
白から次第に緑がかった花色に変化するのが特徴なのですが、この春は咲き始めは少しピンクがかっています。
さて、映画。
MV5BMjgxNzQ0MjI4Ml5BMl5BanBnXkFtZTgwNzg2NTA4NTE@__V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_
カンナダ映画「Drishya」。
お話
ラジェンドラ(Ravi Chandran)は農村でケーブルテレビを経営する男。
映画が好きで、常に頭の中は映画でいっぱい。
ある日ラジェンドラの長女がキャンプで一緒だったタルン(Rohith B.)に隠し撮りされ、脅迫されたところから、穏やかな日々が一転。
タルンを殺してしまった娘と妻をかばうためラジェンドラは自分の持っている映画の知識を総動員して、アリバイを仕立てあげていくのでした・・・。
以前
Pasala Pressさんがこの作品を紹介されていて、いつか見たいと思っていたのですが、そのあと、忘却の彼方へ。
後日他の作品と抱き合わせに、なんとなくクレイジースター・ラヴィチャンドラン作品もぽちっとこうか、と選んだのが偶然にもこの作品でした。
ラヴィチャンドランがねえ、一筋縄ではいかないお父さん。
殴られても殴り返さないけれど、信念としたたかさで家族を守ろうとする姿が良いわ。
ちょっと今まで見てきたインド映画のお父さんとはちょっと違う感じが新鮮です。
この作品はオリジナルがマラヤーラム映画「Drishyam」で、(カンナダのほか、タミル、テルグ、ヒンディでもリメイクされています)息子を探すためラジェンドラと渡り合うGIP(インド警察の上の方の立場の人らしい)役を同じAsha Sarathという方が演じています。
なかなかの女傑っぷりでしたよ。
マラヤーラムではモハン・ラル様と対決してるのね!
ということで、次はこのオリジナル版を探してみようと思います。
カンナダ版Trailer
スポンサーサイト


んさいげん!


<<「TAI CHI 太極 ゼロ・ヒーロー」 | ホームへ | 収穫祭と「Vajrakaya」 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1746-e1da885f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。