タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

生涯忘れられない/Sairat

2016.05.30(23:17) 1751


自分のための備忘録ブログ。
常に忘却との追いかけっこをしているのですが、
ここに書かなくても、たぶん生涯忘れることができないと思う作品を見てしまいました。
もし、どなたか間違って本ブログに来てしまって、「Sairat」これから見ようと思われてる方は、読まずにUターンしてくださいませ。
(念のため)
大したことは書いてないけれど、
これは絶対白紙でご覧になったほうがいいです。
恋に落ちたArchieとParshyaがひきはなされ・・・・というお話。
今まで何十本とこの手の話はインド映画で見てきたのだけれど、衝撃が全く違いました。
ヒロインを演じたのはAkash Thosarという女優さん。
とてもリアリティのある女性を演じていて、好感がもてました。
このヒロインがオッケーなのは大事なのよねえ。
そして恋人役はRinku Rajguru。
この映画がデビュー作か。
甘くていい感じ。
音楽もよかった。
しかも大音響。
音楽は波動なのよね。
あの音の振動がそのまま主人公二人の心臓の鼓動そのままに見てる側にも伝わってきて、自分の鼓動も共鳴してた。
そして無音の世界。
好きとか嫌いとかで言い表せない感覚。
怒りも哀しみも感じる前の段階で止まってしまって、劇終からいまだに腰を抜かしたままです。
昨日はちょっと正視できなかったミュージックシーン。
今日は少し見ることができました。
ここのシーンいいんだなあ。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<字幕あれども念力ブツ/Masterpiece | ホームへ | 錦糸町をぶらっと >>
コメント
「ヒロインがオッケーなのは大事」
これはどこの国の映画にも言えますね。私もそこ、重視します。

貼ってくれた音楽、オーケストラの演奏なのね。
すごく好きな感じです。
インド的要素も入ってるし、でも迫力もあるし。
【2016/05/31 13:50】 | meiry #- | [edit]
> 「ヒロインがオッケーなのは大事」
> これはどこの国の映画にも言えますね。私もそこ、重視します。

そうなのよね。
インドの映画はともすると女性はどうしてもお飾りなものも多くて。
へんに気が強いか、
やけにセクシースタイルか、
甲高い声でまくしたてたり泣いてばかりだったり猪突猛進だったり。
リアリティがないことも多いの。
それが残念。
やはりいい作品は周りの俳優さんのキャスティングやキャラクターも丁寧なのよね。

> 貼ってくれた音楽、オーケストラの演奏なのね。
> すごく好きな感じです。


> インド的要素も入ってるし、でも迫力もあるし。

そう、オーケストラ、珍しいよね。

音楽もすごくうまく使ってたよ、この作品。
【2016/06/02 17:26】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1751-6d3ea4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。