タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Fan

2016.06.07(11:30) 1757

前々作の「Happy New Year」が実は北の大睡魔王アビシェク作品だった、にもかかわらず、寝なかった、というショックから前作「Diwale」を未見のままにしていたシャー様作品。
(何せ監督がRohit Shettiだしなあ・・。)
今回の作品は最初に曲が発表されて、それがかなり好みだったので、久々に見るのが楽しみだった「Fan」。

昨日DVDが届いたので、早速見ました。

Fan-First-Look.jpg


熱狂的なAryan KhannaのファンGaurav Chandnaが、そのあまりの思い入れゆえにAryan Khannaに追われることとなるお話。

シャー様がスターとファンの一人二役を演じています。
本人が自分の「ファン」も演じる、という、場合によってはとんでもな作品になる可能性も大いにある設定のはずですが、
さすがにそんな作品は撮らないわね。

むしろ正反対。
生活のすべてがAryanのためにあるようなファンに再起不能になるほどの言葉を浴びせる明星様。
贔屓の引き倒しの権化と化すファン。


AryanがGaurav君に会うきっかけとなるあの「事件」を知った時の表情あたりから、ダブルキャストならではの混乱といたたまれなさで胸苦しい。

シャー様のコンサートシーンとか
リハーサルのダンス風景とか、
子供との会話とか
誕生日のいわゆる「一般参賀」とか、
「作られたもの」でありながら、当然のごとくリアルで、本来ならここでどっぷりと萌え路線に突っ走りたいところを、
無情にも見ている側も「あっちの人間」であることを痛感させる残酷さ。
しかもシャー様の演技が本気レベルなので見ているほうはわかっちゃいうけど情け容赦なく打ちのめされていくのだわ。
Gaurav君なんて、自分とどこか同じ匂いがするもんなあ(苦笑)。
(あ、ちなみに私はご本人に「会ってほしい」とは一度も申しておりませんよ。す様にも。)

Maneesh Sharmaという監督はドSですかっ?!

ちなみに、Aryanの妻は映画の中ではリアルと違って、とても地味。
そこが残念といえば残念だけど、だからこそ気持ちがそこに逸れず、お話がぶれないのかと思いなおしたり。
ああ、あのシャー様にはガウリ夫人ぐらい存在感のある方がやっぱり似合うのね。

シャールクの本気の演技を見せつけられて、
幸せ気分になる映画ではないけれど、気持ちが大きく揺さぶられております。
日本でもこういう作品、公開してほしいな。

作品見た直後はあまり見たくなくなった歌。苦しくて・・・・。

実は本編には出てこない、という・・・。

一応貼っておこうっと。




スポンサーサイト


んさいげん!


<<キョンシー/殭屍 | ホームへ | かけらもない/Viraat >>
コメント
ふぁんしー心理、対象は違っても通じるモノがあるよね~。
って、安定の、お馴染みの、お得意の、二役なのね(爆)
ってか、久々のシャー様wの動画を観たわ~(≧▽≦)
英文字幕なんでしょ?
観てみたいから、日本語字幕つけばいいな~(笑)
【2016/06/07 19:29】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> ふぁんしー心理、対象は違っても通じるモノがあるよね~。

うん。誰かの迷なら皆、あっ!って思うところあったんじゃないかな,

> って、安定の、お馴染みの、お得意の、二役なのね(爆)

そうなの。
お得意の二役。
ただ今回は年齢設定も違うし、おそろしいほどにシャー様が上手かった。


> ってか、久々のシャー様wの動画を観たわ~(≧▽≦)

ありがとう。
これ、映画見るまでは好きだったんだー。
今はまだちょっと辛い。

> 英文字幕なんでしょ?
> 観てみたいから、日本語字幕つけばいいな~(笑)

そう。
あたしも日本語字幕で見てみたいです。
でももっと辛くなるかも。
【2016/06/08 07:03】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1757-e6836055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。