タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

見どころは髭がーとん/イエスタデイ、ワンスモア 龍鳳門

2016.08.16(20:41) 1790

220px-Yesterday_Once_More.jpg


ジョニー・トーの作品は面白くて、好みの差はあっても「ハズレ」がないので、ほとんど全部見てるんだけど、
珍しく公開10年経っても見てなかった作品がこれ。
正確には何度か途中まで見ようとしてたんだけど、何度か挫折してました。

盗んだネックレスを山の上まで持っていくところあたりまでで、中断。

でも、今度はなんとか見終わりました。

アンディもサミーも好きな俳優さんだし、
これまでにも古いものでは「ダイエットラブ」や「Needing You」、新しいところでは「名探偵・ゴットアイ」とか好きだし。
特に「名探偵 ゴットアイ」は傑作中の傑作とおもうし。

この作品はクールなアンディがむちゃくちゃかっこいいのよねえ。
なのに、なぜか作品にのめりこめない。
アンディにもサミーにも感情移入ができないの。
この二人、愛し合っているはずなんだけど、それが感じられない。

それと、作品のテンポかな・・・。

お笑い担当の許紹雄もなんだかぱっとしないのよねえ・・。残念。

しかし、そんな中できらりと光ったのはアンディアニキの弟分、ガートンよ!!

お髭ガートンは保険会社の調査員なんだけど、これがサミーのフィアンセ・スティーブ(カール・ン)のママ(ジェニー・フー)と対抗するんだわ。いいわ~、ガートン。
あの保険金の小切手を手渡す時の引っ張り合いって、同じトーさん作品の「黒社会」の龍頭棍を渡すところと一緒だ。

と、当初、出ていることも知らなかったガートン萌え作品でありました。

あ、スティーブ役のカール・ン(吳嘉龍)ってリチャード・ンの息子さんなのね。
ああ、スティーブの名前が出てくるたび字幕をスディープと空目していたことは言わずもがなです(苦笑)



ストーリーは以下ネタバレ映画.comより。
お互いに成功したビジネスマン&ウーマンのカップルとして、社交界で名高い富豪のトウ夫妻(アンディ・ラウ&サミー・チェン)。しかし、ある日、突然わけもなく夫からの申し立てで離婚してしまう。理由も分からないまま2年が過ぎ、元妻は資産家の一人息子スティーブ(カール・ン)からプロポーズされる。彼の母親であるアレン夫人(ジェニー・フー)は、希代の宝石コレクターで、家宝になっている宝石を使ったネックレス欲しさに、結婚を決意するトウ夫人。ところが彼女にプレゼントされるはずだったネックレスが、何者かに盗まれてしまう。いったい誰が、何のために? アレン夫人は探偵を雇い、息子の婚約者とその元夫の身辺を探らせる、報告によると、二人はプロの宝石泥棒で、学生の頃からパートナーを組んでいた。また、巧妙な盗みの手口から元夫の犯行と直感したトウ夫人は、旅立った彼を追ってイタリアへ飛ぶ。ネックレスの隠し場所を問い詰める彼女に、トウは香港に戻ってからいつものようにゲームで教えると約束する。その後の探偵の調査では、毎日まじめに仕事をし、週末は乗馬や自転車に興じるトウと、連夜のパーティーで葉巻や酒を楽しむトウ夫人の姿が報告される。やがて二人は、ネックレスの隠し場所をめぐってたびたび会うようになり、すっかりヨリを戻してしまう。宝石略奪事件の調査が進む中、トウ夫人は突如、病で倒れる。駆けつけたトウは、彼女が急性白血病であと3ヶ月の命と聞かされる。しかし、今度は彼が病気で臥せってしまう。骨髄移植の検査で、自分も同じ白血病であることが判明するが、二人とも同じ病気とはいったい…? トウからやっとネックレスを手に入れる夫人だが、それは偽物だった。そしてトウは、アレン夫人にある頼みごとをすると、突然姿を消してしまう。...
スポンサーサイト

んさいげん!


<<どっち?どっち??/「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME Dragon 」 | ホームへ | 電飾バージョンも出た!>>
コメント
カール・ンについて、自分ちで、結構、語ってるのよね(笑)
それだけ、あの頃(どの頃w)は、チューカブツ観ていたんだな~と、
今夜も遠い目(爆)

あ!むろん、じぇるんでも電飾やったけど、
るいすと愛を交わし合った(違)あの夜も巻いてたのよ(笑)
そして、会場内で「消してください」と注意されたであった(爆)

あ!生がーとん、紅絨毯で、友人が先に気づいて、
あまりにもスマートな洗練されたかっちょよさに、
「がーとーん、がーとーん」と、吠えたのであった(笑)
【2016/08/16 22:55】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> カール・ンについて、自分ちで、結構、語ってるのよね(笑)
> それだけ、あの頃(どの頃w)は、チューカブツ観ていたんだな~と、
> 今夜も遠い目(爆)

へええ!さすがハンター、目の付け所が違うわね。
あたしよりずっと先の先にいるのねえ。


まあ、お互い中華ブツまみれだったよね、あのころわ(同じく遠い目)

> あ!むろん、じぇるんでも電飾やったけど、
> るいすと愛を交わし合った(違)あの夜も巻いてたのよ(笑)
> そして、会場内で「消してください」と注意されたであった(爆)


あああ、そういえばそんなこともあったね@文化村
Pちゃんの愛の記憶よね~!

> あ!生がーとん、紅絨毯で、友人が先に気づいて、
> あまりにもスマートな洗練されたかっちょよさに、
> 「がーとーん、がーとーん」と、吠えたのであった(笑)

うらやましいわあ生がーとん
本当に素敵でもう、がーとんマラソンしたいくらいよ!!!
【2016/08/17 16:44】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1790-98768a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。