タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

圍・城

2010.07.28(09:00) 471

香港で新しいブツを仕入れる前に熟成ブツを、とばかりせっせと見ます。

本日は「圍・城」。
導演は劉國昌。

そう。あの後味悪さじゃピカイチ・劉國昌。

お話は靈傑の弟が人を殺し自殺を図った、と警察が学校にやってくるところからはじまります。

弟・俊傑は学校でいじめられていて、ある日父親に殴られたのをきっかけに、家を飛び出して2年がたっていたのでした。

他の生徒はもちろん、弟のことも、何をやっていても、やられていても見ないようにして学校生活を送っていた兄・靈傑。

はじめて弟の2年間を求めて、彼にかかわった人たちを訪ねて行きます。

弟は街にたむろす仲間のところで、辛うじて自分の居所を見つけていたのでした。

その中にいる一人の女性Panadolを弟が殺したというのです。



万引きや暴力。薬。

若い子たちが地の底を這いまわる姿が描かれていきます。


圍・城3   圍・城2
圍・城 1

いやあ、とことん苦い。

幼い樂樂の出生も苦い。
そして、将来もどうなっていくのか・・・。
弟・俊傑は。
そして兄は。


救いのない映画です。

去年、許鞍華の天水圍二部作を見て、特にヤムヤムの「夜與霧」も結末は悲惨でしたが、「日與夜」でバランスとったかなあ、と思ったのですが。

こっちの天水圍は、本当に気持ちが重くなりました。

作品としてはきちんと作られているので、尚さら。

あ、唯一の明るい題材は、弟・俊傑を演じた子が可愛かったこと。
あ、ちょっとたれ目じゃないJAYみたい、と思いました。

公式HPがこちらにまだ残ってました。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<バスがでてるよ/狼牙(追記あり) | ホームへ | ピタピタタイツはありません/老港正傳>>
コメント
>作品としてはきちんと作られているので、尚さら。

あん・ほいも厳しいけど、この人のは、ほんまに救いがないよね。
香港の辛い歴史を背負った人間不信みたい。
それでも映画としてはとっても面白い。

中華は、この手ものが,ホラーよりよっぽど怖いよね。





【2010/07/28 09:14】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
ほんとうに暗かったですよね。
あまりに救いがなく当惑しました。でも実際、たった今、救いがない状態にいる子どもたちもおおぜいいるかと思うと・・

あのこどもがひとりでいる最後も、誰か大人が気がつくのだろうとは思うけど・・『禁じられた遊び』ほどじゃないけど不安です。

弟かわいかったですね。兄は『旺角監獄』(王晶の)にジュノ・リョン君とともに出てました。天水圍コンビ。
【2010/07/28 09:23】 | ゆずきり #IY7bLZJE | [edit]
光がさすってことも無いわけ?

うーん。
写真見ただけで、不幸そうなのね。
薬中と若年出産・・・ちゃっかり不幸の再生産。(汗)

希望のない若者って、なんか辛いのね。
【2010/07/28 09:40】 | シモーヌ #- | [edit]
> あん・ほいも厳しいけど、この人のは、ほんまに救いがないよね。

そうなの。
アン・ホイは「日與夜」みたいのもあるけどねえ。


劉國昌のThree Summers 、好きだったけど、これだって、結構シビア。


> 香港の辛い歴史を背負った人間不信みたい。
> それでも映画としてはとっても面白い。

確かに。

だから、見ずにはいられないの。

> 中華は、この手ものが,ホラーよりよっぽど怖いよね。

こわい、こわい。

ホラーは中華じゃあ、お笑いだもんねえ。
【2010/07/28 21:04】 | やっほー #- | [edit]
> ほんとうに暗かったですよね。
> あまりに救いがなく当惑しました。でも実際、たった今、救いがない状態にいる子どもたちもおおぜいいるかと思うと・・


そうかあ。
たしかに、あの見終わった後の感じ、まさしく「当惑」でした。

淡々と、むしろ、突き放すように描かれてて。

> あのこどもがひとりでいる最後も、誰か大人が気がつくのだろうとは思うけど・・『禁じられた遊び』ほどじゃないけど不安です。


そうなの。

あの樂樂の姿は、どのこのそばにもきちんとした「大人」がいない不安の象徴の様でした。


> 弟かわいかったですね。兄は『旺角監獄』(王晶の)にジュノ・リョン君とともに出てました。天水圍コンビ。

まあ!やっぱり次は「旺角監獄」買ってこなきゃ。
【2010/07/28 21:08】 | やっほー #- | [edit]
> 光がさすってことも無いわけ?


無いの。

唯一、兄が弟に「自分を大事にして!(自暴自棄になるな、かな)」みたいなことを言うことだけが、唯一。

> うーん。
> 写真見ただけで、不幸そうなのね。
> 薬中と若年出産・・・ちゃっかり不幸の再生産。(汗)

そう。

ほかにももっと不幸な写真がたっぷりあるのよ。

彼らがみんな14歳くらいなのが、本当に辛い。

> 希望のない若者って、なんか辛いのね。

希望の無い若者と
だらしのない大人。

いやあ、かなりヘビーな作品でしたわ。

【2010/07/28 21:12】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/471-59de5f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。