FC2ブログ

タイトル画像

美味しいシーンは後半で/精武門

2011.02.19(21:19) 627

見始めて気付きましたが、映画じゃなくて、ドラマのダイジェストでした。

ブルースリー、リスペクトドラマ。

途中、本当にリー先生、憑依してるか、ってくらい、入ってます。

ドニーさんは陳真役。
師父・霍元甲は高雄さん。

突っ込みどころは山ほど・・・。
しょっぱなから出てくる霍元甲は、ソビエトの人が被っているような毛皮帽子着用です。
霍元甲と言えばあたしとしては李連杰なので、すごい違和感と共にお話が始まります。

しかもアクションは、笑っちゃうほどの早送り。
もちろんドニーさんの所も。

惜しいなあ。こんな風にに処理しないほうがかっこいいのに、と、「葉問」見たばかりの身としては残念至極。


そのドニー・陳真の前半の大きな対決は日本軍が派遣してきた武道家の石井兄弟。

あれれ?兄はどっかで見たことあるぞ、と思ったら、そうだ、前宮崎県知事・・・。

最初の頃の日本男子の袴の着こなしが、まるでハイカラさん。
(後半、この辺は改善されたのですが。)


そして、もちろん日本人はみんな悪者。

ダイジェストとはいえ、3時間は辛い。

しかし、後半になるに従ってドニーさん、出番も増えてきます。
そして、最後は最大の敵武田と対決、その娘、由美とのちゅーもあり、涙ハラハラもあり、最後まで頑張って見たご褒美感、あり。

このドラマ主題歌、とあるサイトでドニーさんご本人のお歌、とか。
怪鳥音もご本人自らの雄たけびなのかしら・・・。



ところで、調べてたら「精武門之陳真」って言うドラマもあるんです。
主役はどうやら梁小龍。

これ、これも見たいなあ


スポンサーサイト


んさいげん!


<<亀の甲 | ホームへ | もみくちゃ~(動画追加)>>
コメント
ブルース・リャン先生が!?←食いつくところ、ソコ?w
まだ、かぶってない頃のりゃん先生なのかな~?←つまり、ソコ?ww

前半は、アレでも、後半は盛り上がったのか~。
そー言えば、アタシが最近はまった韓流ドラマでも、
木人拳やってたよ~、さすが、地続き!と思った次第(笑)
【2011/02/20 00:21】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> ブルース・リャン先生が!?←食いつくところ、ソコ?w


うはは。嬉しいなあ。ブルースにがっぷり食いついていただいて。

> まだ、かぶってない頃のりゃん先生なのかな~?←つまり、ソコ?ww

うん。被る前でメイクもしてるらしい。

> 前半は、アレでも、後半は盛り上がったのか~。
> そー言えば、アタシが最近はまった韓流ドラマでも、
> 木人拳やってたよ~、さすが、地続き!と思った次第(笑)

うわあ。あれが韓流でも出てきたの?
テンションあがりそう。
【2011/02/20 20:54】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/627-926c18a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)