タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

マジッククンフー 神打拳

2011.03.28(22:03) 651

最近見てなかったショウブラ作品。
ツタヤのサイトに行ったら、あらあら、陳観泰作品であるじゃない!ということで借りた本作。

始まるや否や、何と陳観泰と狄龍がでてきます。
どんな刃ものも寄せ付けないばかりか、銃弾にすら無敵な技、「神打」の技を身につけた彼らが、西太后に披露するのです。

うぉぉ。

見事な肉体。

狄龍、鉢巻きすると更にイーキンに似ていると思うのはあたしだけ?

さて、舞台は変わり、師匠についてきた江禹が、師匠が寝ている間に神打使いのふりをして、口八丁、悪いものをやっつける(腕前はそこそこ)と言うお話がすすみます。

江禹、憑依体質なのか?というくらい、関帝、孫悟空、包青天・・・さまざまな神様がのり移ったと騙り、小金を稼ぎ、町のならず者とも対決します。

相手役の女の子も目鼻立ちのはっきりした可愛い子で良いです。

途中で町の有力者の娘と下働きの青年の恋愛とオバケ騒動、なんかも出てきます。

しかし、最初のシーン以外、残念ながら陳観泰、出てきません。

うにゃあ~。


監督は劉家良。

軽い感じで楽しく見られる作品。
(軽過ぎて、途中寝てしまい、3日かけてみることになりました。)
ラストのパンチシーン、ナイス!!


主人公の江禹はそのあと、薬物中毒になったそうですが、そして、さる所ではフーシェン事故死の時に隣に乗っていたとも。

彼はその後元気になったのかなあ。

マジック

スポンサーサイト


んさいげん!


<<《愛心無國界 311燭光晚會》李克勤為日本人打氣 | ホームへ | 最後でありますように>>
コメント
陳観泰、最初だけなんですか?ティロンも?
ティロンがイーキン似とは…わからないでもないですが…考えたことありませんでしたw
フーシェン、弟の運転する車が事故った、と認識してますが、もうひとりいたのかしら?
劉家良の監督作品はまだあんまり見てないんです。そのうち見ます!
【2011/03/28 22:27】 | ゆずきり #- | [edit]
レスが遅くなってしましました。(汗)
そうなんですよ。
神打拳をきわめた二人がいつでてくるのか、楽しみにしてたんですが。
あたしは良く色んな人を見間違えたりするんで、イーキン≒ティ・ロン節は普遍性をもつのか、全然自信無いんですが。
どうかなあ。
そうだ、たしか、フーシェンは弟の車に乗ってたのですよね。
ってことは3人だったのかな。
もっと沢山のっていたのかしら。
【2011/03/30 12:29】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/651-44a64756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。