タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

スプリング・フィーバー/春風沈酔的晩上

2011.05.04(13:12) 669

もう、DVD見る以外、なんにもしたくない!と決行した中華電影マラソン。
一作目は「スプリング・フィーバー/春風沈酔的晩上」。

同性愛の男性たちとその妻・恋人のお話。


婁(ロウ・イエ)監督作品。
この方の「二人の人魚」は好みのタイプ周迅の映画なのでずっと前に見たのだけれど(内容はほとんど記憶にない)当局から5年間の撮影禁止とされた「天安門 恋人たち」は見ていません。

そうか。本作品、香港とフランスの合作なんだ。

恋愛モノなら狂おしいほどのものが好き(秘めごとなら、さらに良し)なので、相手を追わないジャン・チョンには入り込めない。
ワン・ビンはジャンに一途だけれど、顎のエラが張っていて入り込めない。

レスリーまがいのチャチャチャを踊るルオ・ハイタオはあのシーンが特に職場の前の上司に似てて、ゴメンナサイでした。

あのシーンはやはりレスリーだから良いんだろうなあ。

彼らを取り巻く女性の方がまだ感情移入、しやすいかな。

なかでも夫が浮気していることを知ったときのリン・シュエの気持ちが、一番わかる。
相手の職場にまで行くかな、とは思うけど、これはヒトゴトだから言えること。

ルオ・ハイタオの恋人リー・ジンは一見冷静で、3人の関係を受け入れているようだけど、やはり去っていく。

そのリー・ジンは仕事場の工場長の窮地に身体を張る。

それぞれの気持ちのありかがどこなのか分からなくて、宙ぶらりんで放り出されたような気分にもなり、
反対にすごく良く見えた部分もあり、
どうこの感想を書いたらいいのか、よくわからなくなりました。

同性愛でも異性愛でもそれ自体は特にあたしには重要じゃないし。


あたしが春の夜風にかく乱された気分。



出かける夫が冒頭だけ見ていて、
ジャン・チョンがいしはらのぶてるさんに似ている、と罪なヒトコトを漏らしたおかげで、もう、のぶてるさんにしか見えなくなったし・・・(涙)


あ、すっかりのぶてるさんと元仕事場上司の恋愛作品になってしまった本作品、
ひとりだけ広東語を話す人が出てきます。

コピー商品を作る工場のボスです。
張頌文という役者さん。
ドラマ「孫氏の兵法」にも出てるらしい。
(ちょいと見たい。)

って結局最後に食いつくのはあいかわらず広東語&おっさんで、對0吾住~。



スポンサーサイト


んさいげん!


<<アンダードッグ/硬漢 | ホームへ | なかったことになった話とウケなかったうさぎ>>
コメント
評判がいいので見にいったんですが、私もんん~。でした。中国映画も結構やるじゃん、的な評価の気がした。
悪口をツイートしたらすぐにフォローされてばつが悪かった^^;
【2011/05/04 13:51】 | #- | [edit]
アタシも、いしはらナニガシで、見ちゃうのね、がははー!
もしや、赤いチーム負けてばかりだから、
腹いせだったのか?(爆)(爆)
ま、そーいうの全部ひっくるめて、楽しみなりぃ~^^
【2011/05/04 15:04】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
私はロードムービーも好きなので、これも好きな作品だわ。じゃあもう一回と言われると微妙だけど。
多分、DVDより映画館向きな作品だと思う。

それにしても、借りた作品群、ナイスなラインナップ!
【2011/05/04 18:47】 | yonko #- | [edit]
あ、いちばん上のコメント、西でした~^^;
【2011/05/04 19:16】 | ろく #- | [edit]
端的にいっちゃうと、役者に個性が無い分
「なんちゃってブエノスアイレス」だと思ったのよ。
映画祭で見て、途中で寝ちゃった。
でも、とって評判が高いので、カーワイさんを超えるものが
あるんだろうね。
アタシはトニーやれすりのガリガリの裸の方がいいけど、
ああいうマッチョな役者が、好きな人もいるし。

この監督苦手なの、「天安門」も寝たし。
美的意識が違うんだろう。
【2011/05/04 20:03】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
なるほど~そういう見方もあったのですね。
確かに王平はエラ張りすぎですよねえ。
私は『ブエノスアイレス』の中毒性が怖くて未見ですが、
れすりやとにおさんみたいなオトコマエではない、
というところが『スプリング』のいいところであるかと。
私はカラオケのシーンでみんなの気持ちに
押しつぶされそうになって、涙腺崩壊しましたけど。
あ、べつにBLが好きってわけではないですよ。。。
【2011/05/04 23:09】 | まっちゃん #- | [edit]
やっほーさん こんばんは

私は何だか気になる映画でしたので
感想をTBさせてもらいます

いしはらのぶてると チャン・チェンでは・・・
第一印象って人によってこんにも違うのね(笑)

宙ぶらりんな印象は判ります
私はモヤモヤして返って気になって又見たくなりましたから

多分映画館でご覧になるともう少し入り込めたかも(笑)
【2011/05/04 23:12】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
あはは。
悪口書いたらフォローされたの⁈
そりゃ、きまりがわるかったねw
なんだろうね、あの収まりの悪さは。
俳優さんも苦手かもしれない。
【2011/05/05 18:14】 | やっほー #- | [edit]
ぷぷぷ~。
そうね。
いしはら何某で見てみて!
夫は悪魔くんだよ。いまや。
きっと腹いせがたあったな。
困ったもんだわ。

あした、発送するね。
お楽しみに!
【2011/05/05 18:20】 | やっほー #- | [edit]
> 私はロードムービーも好きなので、これも好きな作品だわ。じゃあもう一回と言われると微妙だけど。
> 多分、DVDより映画館向きな作品だと思う。
ああ、確かに映画館で見ると、ちょっと印象違ったかな。

途中からロードムービーだったね。
ずっとそれでも良かったのに。

> それにしても、借りた作品群、ナイスなラインナップ!

あはは。
そう?

後半はかなり楽しくて良かったよ。
こんな呆ける一日もあっていいよね。
【2011/05/05 21:05】 | やっほー #- | [edit]
> 端的にいっちゃうと、役者に個性が無い分
> 「なんちゃってブエノスアイレス」だと思ったのよ。

ああ、確かにブエノっぽさをだしたところで、ちょっと気持ちが引いてしまったんだわ。

> 映画祭で見て、途中で寝ちゃった。
> でも、とって評判が高いので、カーワイさんを超えるものが
> あるんだろうね。

そうかあ。
きっとあるのかもしれないね。

あたしはカーワイさんの世界が好きだけど。
たとえ、ときどき訳が分かんなくなっても・・。

> アタシはトニーやれすりのガリガリの裸の方がいいけど、
> ああいうマッチョな役者が、好きな人もいるし。

あはは。
さすが筋肉評論家。


役者さんがすごく普通な感じが辛かった。

トニーさんやれすりーの肉体を意識したことは無かったけど、あのちょっとリアルさを欠いた雰囲気が好きだったのかなあ。



> この監督苦手なの、「天安門」も寝たし。
> 美的意識が違うんだろう。

天安門、ご覧になったのね。
いつか見てみようかな。元気と時間があるときに。
でも、暫くはいいや。
【2011/05/05 21:30】 | やっほー #- | [edit]
> なるほど~そういう見方もあったのですね。
> 確かに王平はエラ張りすぎですよねえ。

ごめんね。
なんか、ここひとつ入りこめなかったのよ。


> 私は『ブエノスアイレス』の中毒性が怖くて未見ですが、
> れすりやとにおさんみたいなオトコマエではない、
> というところが『スプリング』のいいところであるかと。

なるほどね。

いつかブエノもご覧になってみてね。
いや、この作品がかーわい作品で一番好きか?と聞かれたらちょっと違うんだけど、レスリーのファンってわけでもないんだけど、でも、こういう作品に出合うと、レスリーはやっぱり不世出だったなってしみじみと感じてしまうの。

> 私はカラオケのシーンでみんなの気持ちに
> 押しつぶされそうになって、涙腺崩壊しましたけど。

あのシーンは良かったですね。
あそこ、あたし好きです。

> あ、べつにBLが好きってわけではないですよ。。。

あはは。
そうかあ。
こっち方面で一番好きだったのは「モーリス」なの。そして「藍宇」「ブエノ」。
ブロークバックは途中で気持ち悪くなっちゃった・・・。

まっちゃんはいかがでしたか?
【2011/05/05 21:54】 | やっほー #- | [edit]
こんばんは!

TB,ありがとうございます。

> いしはらのぶてると チャン・チェンでは・・・
> 第一印象って人によってこんにも違うのね(笑)

この違いが大きな違いで・・・。
おっとの一言はほんと、罪作り。

> 宙ぶらりんな印象は判ります
> 私はモヤモヤして返って気になって又見たくなりましたから

> 多分映画館でご覧になるともう少し入り込めたかも(笑)


そうね。劇場だとまた違った気持ちも出てきたかもしれませんね。
宙ぶらりんが心地よく、なんかいも見ちゃうカーワイ作品があたしは好きなのかもしれません。
この監督も十分素敵な映像だと思うのですが・・。

この違和感は何なのか、ずっと考えているという意味では、すごく存在感のある作品なのかもしれません。
【2011/05/05 21:59】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/669-82cee822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春の酔い「スプリング・フィーバー」

12月の旅行の後遺症でずーと仕事に追われ 土曜日も仕事に出て やっとの年末年始休みも 大掃除に追われ 家事に追われ・・・ 碌に休みを実感する事無くきたので 三連休初日の今日は前から映画鑑賞と決めて...
  1. 2011/05/04(水) 23:16:32 |
  2. うさぎの紅い眼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。