タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ひたすら身につまされた続編 狙った恋の落とし方2/非誠勿擾2

2011.10.27(15:00) 745

映画祭、一本目は「狙った恋の落とし方 2」。

監督は前作同様、馮小剛。
主演はこれも前作の続編ということで、葛優と舒淇。

北海道から帰ってもなかなか結婚に踏み切れない舒淇。
なら、いっそ試婚を切り出す葛優。

前作は日本語字幕で初めて本作の面白さを知ったのですが、その一番の要素は葛優のおしゃべり。

今回もしゃべりまくり、舒淇以前ににあたしが煙に巻かれます。

しかし、今回はこの弁舌はちょっとパワーが鈍ったかな。

何より

試婚では結婚20年を過ぎた夫婦になってみてるので、なんだか、妙に自分の生活がリアルに頭の隅に去来してしまいます。



格別印象にん残った葛優さんの台詞。
「どのような結婚も過ちであり、
 長きにわたる結婚生活はその過ちを押し通すことである」

みたいな意味だったかなあ。

ふふふ・・・。


妻(仮)を背負って階段の上り下りに息も絶え絶えな夫(仮)も、なんだか、身につまされます・苦笑。

さらに、友人役の孫紅雷。
後半は彼の人生も絡んでくるのですが、前々妻との間にできた娘との語らいや生前葬も、お年頃のせいか、なんだか身に沁みてしまいました。

前回より笑え出来ではありませんが、わが人生を期せずして振りかえってしまう、作品でありました。



スポンサーサイト


んさいげん!


<<肩の上の蝶/肩上蝶(追記もあるの・苦笑) | ホームへ | バーシャ 踊る夕陽のビッグボス>>
コメント
そーいう意味で身につまされたのか~(笑)
アタシは、背負ってくれるヒトがいないな~^^;
ジュニアがいるか!?
嫌われないよにしなくちゃ~。
【2011/10/27 21:06】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
ぶっちゃけ葛優さんの方のチームだからなあ。

おんぶ?旦那がいたって背負っちゃくれないよ。
ぜいぜい、気の無い「ガンバレ」の一声、かけてくれるかどうか、だよ。

Pちゃん、ジュニア君いるからいいよぅ。
あたしら世代はもう若い子に頼りたいよ。
でも、なかなかこれから、大変そうだから自力で賄わなきゃ。
あたしも足腰、鍛えなきゃなあ。Yんこちゃん見習って。
【2011/10/28 08:45】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/745-9bd167e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。