タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

重く熱く/Dil Se

2011.12.23(09:30) 779

DIL SE
「Dil Se」
きたきつねさんのブログで紹介されていて、幸い香港でDVDをゲットしてましたので、昨日、今日で見ました。

シャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan/以下シャー)の1998年、33歳の時の作品。

シャーはラジオ・インディアの職員。
テロリストへの取材に行く途中、マニーシャ・コイララと出会い想いを募らせます。
しかし、マニーシャは気があるようなのに、なびかない。

諦めてデリーに帰ったシャーは、別の女性(プレティ・ズィンター)と結婚を決意するのですが、そこのマニーシャが現れて・・・。

前に見た「マイネーム・イズ・ハーン」にしても、シャー、衝撃のストーカー映画「地獄曼陀羅 アシュラ」にしても、楽しく踊るシーンがあり、まあ、たまにそれが???な時もあるものの、一方で息抜きになったのですが、ダンスシーンといえどもとことん張り詰めています。

タイトルだけはきいたことがある作品でしたが、このような内容だったとは。

おそらくこれはシャーにとっても最高傑作の1本であると思います。

重い重いお話で、結末も衝撃的です。
でも、見てて苦しくはない。
シャーの恋は狂おしいですが。

すごく好きな作品になりました。

体力のあるときに、また、見たいです。何度も。

この汽車の上のダンスシーン。
以前見たけれど、怖くて怖くて、絶対2度目は無いな、という、ビョークの「ダンサー・インザダーク」の汽車のシーンへ影響を与えたらしいです。






おなじくきたきつねさんが挙げられている名古屋が舞台のマサラムービーBombay to Nagoyaの紹介番組でも、浜村淳さんが『Dil Se』は素晴らしい!!と絶賛されています。

そうか。そうだったのか。

にしても、あたしも、その名古屋が舞台のマサラムービー、気になります。
これ絶対見たい!!
スポンサーサイト


んさいげん!


<<Om Shanti Om | ホームへ | ファンミのお写真。むはむは。>>
コメント
これ、どうやって撮影したんでしょうか?
撮影にどれくらいかかったのかしら?
スタッフ・俳優さん全てが凄い!
凄すぎて頭がクラクラしました!!

恐るべきインド!

それにしてもインドの女性の体型って素晴らしいわね。

会社は入っているビルにはSONYのある部門が入っていてインドの方々も働いておられます。
あの方々は、もちろん♪ごりごり♪は知ってるのよね。

【2011/12/23 21:48】 | 竹 #- | [edit]
ほんと、これ、凄いですよね。
あたしでもそう思うのだからプロの目なら尚更と思います。

インドの女優さん、すてきですよね。

まあ!すぐ近くにインドの世界があるのですね。
いいなあ。
ごりごりのお話、きいてみたいなあ。
【2011/12/23 22:22】 | やっほー #- | [edit]
こんばんは。
ご紹介ありがとうございました。
ご覧になったのですね。いい映画ですよね-、これ。
汽車の上の「Chaiyya Chaiyya」は、10年以上たっても、ほんとにフィルミーソングの最高峰だと思います。最後はうわーと思いますが、「アシュラ」よりはましかも。
これ、たしか日本語字幕版があったはずなので(だから浜村淳がコメントしてたと思うし)再販して欲しいですね。
【2011/12/23 22:54】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
> こんばんは。
> ご紹介ありがとうございました。

インドの膨大な量の映画の中で、見たい気持ちだけが先走るあたしに、道しるべを示していただきました。
ありがとうございます。

> ご覧になったのですね。いい映画ですよね-、これ。

心に重く響く作品です。

> 汽車の上の「Chaiyya Chaiyya」は、10年以上たっても、ほんとにフィルミーソングの最高峰だと思います。最後はうわーと思いますが、「アシュラ」よりはましかも。

ええ。素晴らしい音楽。そして、ダンスです。
衝撃ではありますが、やっぱりあの結末しかないのだと思います。


> これ、たしか日本語字幕版があったはずなので(だから浜村淳がコメントしてたと思うし)再販して欲しいですね。

邦題がついていますしねえ。
日本語字幕で見たいです。
【2011/12/24 06:20】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/779-04ca6473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。