タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

美中年の面影を追って/ラジュー出世する

2012.01.03(16:00) 789

今日明日はやっとお休み~♪
朝、また5時に目覚ましかけて映画見ようとしたけれど、さすがに身体が言うことをきかず、8時まで寝てました。
寝坊してほぐれた身体で初詣に。




ここはマンガの舞台になったところなのかぃ?
並んで参拝を待っていたのですが、参拝方法とかを静かに話し合う若者とかがあちこちに見受けられて、新鮮な初詣でした。

さて、年末年始にかけて見たのは「ラジュー出世する/Raju Ban Gaya gentleman」1992年の作品ということは、シャールク・カーン(SRK/以下シャー)の27歳の時。


以前、友人に「若い子の映画に興味はないのに、おじさんの若いころの映画は見るのね」と言われたあたし。
そう。美中年(含む、美初老)好きは、彼の若いころの中に、美しき4、5十代の片鱗を探すのね。

この作品の主人公、シャーも若いです。
若い子らしく、ちょっとほっぺがふっくら。

ダージリンの大学を出て、ひと旗挙げようとボンベイにやってきたラジュー(シャー)。
そこで、しゃべってお金をもらうおじさん(?、ナーナー・バーテーカルという人らしい)や下町の人たちと友達になります。
そして、レヌ(ジュヒー・チャウラー)と恋に落ちます。



就職が思うように行かないラジューにレヌは自分の勤める会社を紹介。
面接では建設費用の節減を滔々と述べ、就職に成功。
会議では社長の娘サプナのプランに反対意見をぶつけ、すっかり気に入られます。
彼女はラジューに自分の別荘まで提供。

もちろん恋人レヌはそんな2人に不安を覚えます。

そこで、ラジューはレヌをその家に招待し、更にお洋服までプレゼント。
そこで、2人は熱いダンス!

27歳だけど、このころからお熱いダンスはさすがだわ、シャー!

でも、だんだんレヌとは疎遠になり、ラジューはサプナと親しくなっていきます。

とんとん拍子で成功していくラジューを快く思わない会社の不満分子は、彼の手がける橋を倒壊させ、これはテロリストの仕業と、でっち上げ。
しかし、その事故の犠牲になったのは下町の人々だったのです。

真実を語れないラジュー。
それを責める友人。

そして、裁判の日・・。

大好きなシーン
1)町の語り部のおじさん(?)がラジューとレヌの恋の進展を友人に語るシーン。
そして、それにつながるラスト。
雨の中、町の仲間が振り向け振り向け!と念を送るシーンでは目がしらが熱くなりました。

2)この作品も歌と踊りが満載。
今のシャーと比べると、腰の振りは殆ど無く、どのへんで、彼がそっちを開眼していくのか、追っていきたくなります。

最初の田舎から出発の歌も、車にラジューと友人が乗りこみ、よく、カーブで重心を失って転倒しなかったなあ、とハラハラものの一曲。



3)それから、レヌにドレスを贈った時のダンス。
「え?これを着るの?今?」なんて恥じらうレヌ。
しかし、恥じらった割に着替えた後は堂々の登場、とは一緒に見ていた娘の弁。

ダイナマイト・ボデイなのに、初々しくでも
ダメダメ~なんて歌います。
色っぽいです。




4)絶体絶命のラジューを助ける語り部のおじさん(?)は、実は口八丁だけでなく、喧嘩も強い。
インド映画では訳も分からず、ただただ強い人が時々出てきますが、ここでも!


この作品、1997年に日本で公開されてたのね。
そして、本人も来日してたらしい。
うーん、遅れてきたファンとしては羨ましい限り。
美中年好みの、これは宿命なのかっ。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<ターバン研究/Paheli | ホームへ | 新年快樂>>
コメント
さすがやっほーちゃんの友達。
よくわかってらっしゃるわ

この時代に来日されても、きっとやっほーちゃんの針にふれないよね。やっほーちゃんが言うように宿命なんだわ。
【2012/01/03 18:12】 | yonko #- | [edit]
何を祈ってきたのかな?
インドに行けますよーに!ってか?(笑)
あ!でじこに聞いたら「『らきすた』だ~、古いけど」だって!
うちのお店でも売ってるわ(笑)

っつか!アタシもyonkoちゃん同様、
お友達の言葉、鋭いと思ったよ(笑)
若い頃にもキョーミあるのか?って思ったけど、
確かに、若い頃のヤムヤムにもムハムハしてたもんね(爆)
そこが、特殊なヘンタイ目線を持つモノのヘンタイたる所以だよね(猛爆)
(ヘンタイがヘンタイを分析してるwww)

って!お嬢さんも付き合って観てるの?ぷぷぷ。
【2012/01/03 19:24】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> さすがやっほーちゃんの友達。
> よくわかってらっしゃるわ

でしょ?
ほんと、的確な指摘だったわ。

> この時代に来日されても、きっとやっほーちゃんの針にふれないよね。やっほーちゃんが言うように宿命なんだわ。

そうなのよ。
このときじゃなダメだったのよね。
宿命!!
運命と呼んでも良いわ~。

【2012/01/03 21:43】 | やっほー #- | [edit]
> 何を祈ってきたのかな?
> インドに行けますよーに!ってか?(笑)

えへへ。

お祈りって目はあいてるんだって。
そして、ご神体めがけて念を送るらしいわ。
何を拝んだって、それはまあ、月並みな・・・。


> あ!でじこに聞いたら「『らきすた』だ~、古いけど」だって!
> うちのお店でも売ってるわ(笑)

あら!本も出てるの?
数年まえからブームらしいよ。
でじこちゃん、さすが!!知ってるのね。

この街はほんと、素朴なところだから、これが一番の主要産業・・・かな?

> っつか!アタシもyonkoちゃん同様、
> お友達の言葉、鋭いと思ったよ(笑)

ほんと、鋭いよね。
あたしも言われるまで気付かずにムハムハしてたわ。

> 若い頃にもキョーミあるのか?って思ったけど、
> 確かに、若い頃のヤムヤムにもムハムハしてたもんね(爆)
> そこが、特殊なヘンタイ目線を持つモノのヘンタイたる所以だよね(猛爆)
> (ヘンタイがヘンタイを分析してるwww)

さすが。
ヘンタイのみぞ知るヘンタイの妙味!!
好兄弟!!ってかっ(爆)

屈折した粘っこい目線、これからも美中年の若かりし頃に送るわ。

> って!お嬢さんも付き合って観てるの?ぷぷぷ。

うん。あたしが強引に幼児番組に割り込むからね。
映画とメインの歌はずいぶんマスターしてるよ。
香港映画も、かなりディープな会話が成り立つ子なの。
【2012/01/03 21:50】 | やっほー #- | [edit]
いやー、若いですなぁ。
それにしても、すごい運動神経です。
ダメダメなんて…ウソだな。
明日も堪能できますね。

ゆっくりお休みして疲れを取ってくださいませ。

私、今日はテレビ見ながら気がつけば寝ていました。
【2012/01/04 00:42】 | 竹 #- | [edit]
若いですよね
これが出世作らしいです。

ダンスも初々しいながらいいでしょう?

今日も堪能しました。
5時起きで^^;

竹さんもほっこり気分ですね。
【2012/01/04 12:41】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/789-9ad2758e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。