タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

心に刻みたい決め台詞/その名にちなんで

2012.01.17(20:17) 805

映画の決め台詞は是非覚えたい。

「詠春、葉問」とか
ちょっと前なら
「三年0拉~・・・」なんていうのもありますね。

決め台詞と言えばインドならやはりラジニさん。
「神様の命令なら、このアルナーチャラムにおまかせだ!」
「バーシャが1回言ったことは100回言ったのと同じだ!」
「強欲な男も、怒れる女も、ろくな人生を送らない」

ああ、このあたり、タミル語で言ってみたいものだわ。ラジニさんと一緒にご唱和。

きょうみた作品は「その名にちなんで」。

この作品の決め台詞と言えば
「迷った時は、目を閉じて昔の幸せを思い出せ,快感ではなく深い幸福感の記憶を、その名も至福の追求」
夫を失ったアシマ(タブー)に友人が言ったJ.キャンベルの言葉。

それに、

「枕と毛布を持って旅に出ろ」
アショケ(イルファン・カーン)の人生を大きく動かした、インドの電車の中での老人の言葉。

前者は内側に、後者は外側に、エネルギーが動いていきます。

イルファン作品として見たこの映画。
アショケの妻アシマ役のタブーは本当に美しいです。

そして、イルファンの妻や子供たちに示す愛も美しいです。

自分の名前を嫌がり改名を望む息子の気持ちには静かに寄り添い、
見知らぬ見合いで知り合った女性と夫婦愛をはぐくむ。
アショケと家族の30年が、淡々と描かれます。



こうなってくると、きたきつねさんご紹介の「スピーシーズ・イン・コブラ」でイルファンがどんな変貌を遂げているのか、期待はいやがうえにも高まります。

これも近いうち見たいです。

あ、ちなみに本作品、ラジニさん作品とは、テンションが全く違います。念の為。


スポンサーサイト


んさいげん!


<<渋谷でシャー | ホームへ | さるくんとシャー/Kuch Kuch Hota Hai>>
コメント
「スピーシズ・オブ・コブラ」は、怖くてまだ見ていないのですが、いや、うちのイルファンはきっといい演技をしているとは思うんですよ。イルファン上手いし。「Rog」でも素敵は素敵だったし。でもねえ…。
しかし、この「この名にちなんで」は本当によかったと思います。若い頃の若作りイルファンも微笑ましかったし。
あと、インド版の「ユージュアル・サスペクツ」である「Chocolate」もなかなかよかったです。参考↓
http://north-fox.tea-nifty.com/test/2009/02/chocolate-b3b3.html
ちなみに、ラジニの名台詞だと「パダヤッパ」の「イエンワリ、タニーワリ(たしか「俺には俺のやり方がある」というような意味)」がいいと思います。
【2012/01/17 20:30】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
> 「スピーシズ・オブ・コブラ」は、怖くてまだ見ていないのですが、いや、うちのイルファンはきっといい演技をしているとは思うんですよ。イルファン上手いし。「Rog」でも素敵は素敵だったし。でもねえ…。


ええ。彼の本気モードなコブラっぷり(?)が楽しみです。
あはは。でも、きたきつねさん、怖いのね(笑)

> しかし、この「この名にちなんで」は本当によかったと思います。若い頃の若作りイルファンも微笑ましかったし。

そうなんです。
とっても良かったんです。

あまりに良すぎて、実は感想を書くの、困ってしまったんです。

書いても書いてもこのイルファンの素晴らしさはあたしでは表現できなくて。

> あと、インド版の「ユージュアル・サスペクツ」である「Chocolate」もなかなかよかったです。参考↓
> http://north-fox.tea-nifty.com/test/2009/02/chocolate-b3b3.html

ありがとうございます。
これも探してみます。


> ちなみに、ラジニの名台詞だと「パダヤッパ」の「イエンワリ、タニーワリ(たしか「俺には俺のやり方がある」というような意味)」がいいと思います。

うふふ。これも良いですよね。
やっぱりこういうときはみんなで一緒にキメたいですねっ!
【2012/01/17 20:40】 | やっほー #- | [edit]
さっそくのお返事ありがとうございます。
書き忘れたのですが、タッブーは「Om Shanti Om」のスター総出演ソング「Deewangi Deewangi」で赤いサリーを着てアップになる美人さんです。美しいですよね。
「スピーシズ・オブ・コブラ」は蛇ではなく映画の出来が怖いんです…
【2012/01/17 22:17】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
> さっそくのお返事ありがとうございます。
> 書き忘れたのですが、タッブーは「Om Shanti Om」のスター総出演ソング「Deewangi Deewangi」で赤いサリーを着てアップになる美人さんです。美しいですよね。

ああ、彼女がタッブーだったのですね。
女性と若い男性は、実はなかなかお顔が覚えられないんです。

でも、彼女とのシャーのダンスは覚えています。

で、今も改めて見ちゃいました。v-410

> 「スピーシズ・オブ・コブラ」は蛇ではなく映画の出来が怖いんです…

あはは。出来の心配ですね。
でも、きっとどんな作品でもイルファンは本気の演技してきそうですねえ。

ああ、ますます見たくなってきてしまいました。
【2012/01/17 22:46】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/805-0c6af0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。