タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

お口直しがしたい

2012.04.13(14:22) 868

本屋さんで立ち読みした時に「シャールクカーンは・・」のくだりを目にしてしまったのが間違いでした。

なになに?
と、早速読んだ周防正行さんの「インド待ち」。

ラジニさんの「ムトゥ 踊るマハラジャ」の日本での大ヒットを受けて、インド・マサラムービーの「魂」とやらをテレビのドキュメンタリー番組で見つけに行く旅が企画され、それを監督が旅行記にまとめたもの。

で、番組は南インドチェンナイからはじまるんだけど、旅自体はムンバイからはじまります。

いろんな人にあれこれインタビューし、「インドの魂」って何?と問いかけるんだけど、みんな要を得ないのね。

この本、インドの本で今までで一番読むのが苦痛だった本でした。

周防氏自身が、インドが特に好きでも嫌いでもなかったんでしょう。

ムトゥ一本だけを見て、インドに取材しに行っちゃうところも無茶苦茶。
そして、インド映画の真髄を問いかけまくる。

ギャラはいくら?と映画監督に質問し
「答えたくない」という返答に更に喰い下がり、挙句の果てに相手の監督に
「わたしの答えがあなたを不快にさせてしまったらな謝ります」とまで言わせる。

普通、きかないでしょう?お金の話なんて。日本人は。
ほんこんやんがきくなら別に驚かないけど。
しかも、答えたくないとまで言っているのに。

最後の方で、ご自身がインド人に
「オズ(小津安二郎)はどんな作品をとるのか」
と訊かれて、見てない人に話せない、と自身で書いているように、
映画自体を見ずして、真髄を問いただしたって、答えなんて返ってこないと思うのだけど。

というか、そんな事を人に訊くことを恥じてほしい。
少なくとも映画の世界で生きている人は。

で、思ったように帰ってこない答えに、その場で突っ込まず、あとで、本書の中で突っ込みを入れる・・。

頭で考え込んでしまって、前半の旅がご自身でもなんか辛そうだし、
付き合ってるこっちもしんどい。
壁のこちら側から、小さなのぞき穴を通してあちら側を見ていて、「見えない!見えない!」といら立っているような。


それがインド式マッサージなんていう、普通の旅の話になると、あたしの紙フンドシの思い出なんかも重なって、急におもしろくなるのね。

しかも、ほとんどカレー食べずにご飯炊いて梅干しとか、レストランでステーキとか食べちゃってるし・・。
挙句の果てに、何故かインドで中華に何回もトライしてるし。
(インドで中華はほんと・・以下自粛。)

李小龍先生の「考えるな、感じるんだ!」をそのまま贈って差し上げたい。

何より、旅立つ前にインド映画の百本や二百本、見て行っててほしかったな。


そして、結局はご自分の監督作品「Shall we ダンス?」の中にその答えを見出す、って話なのね。

インドを好きでもなく、インド映画も好きではない周防氏が語るインドは、ある意味、今まで読んできた、インド好き、もしくは何故か行きたくなった人の旅行記ではない新鮮っちゃ新鮮とも言える、でも、「早く別のものでお口直しがしたい!」と切に思ってしまった一冊でした。



んで、あたしは「Shall we・・・」しか見てないけど、たぶん、氏の作品は当分見なくていいや、と思ってしまったのでした。

さあ、次は何を読もうかな。ってもう決めてるけど。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<フンコロガシに憧れる | ホームへ | 白塗り三兄弟の復讐/TRIMURTI>>
コメント
中身がよくなかったんだね。
私、この監督の映画は3本くらいと
有頂天のミュージックビデオも見てるんだけど
なんなんだろ。
見た目もそうだけど、どこか精神がなよっちいくせに
頑固なんだよね。

とくにやっほーちゃんは今インドに青春かけてるから、
よけいに読むのが辛く思うんでしょうね。

一刻も早く口直しにインド映画を観るんだーっ。

【2012/04/13 16:58】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
とっても、読みたくない本だね!
その国を、相手を敬う気持ちってのがないね。
別に引き受けたかったわけじゃないしね、みたいな立ち位置!
イチイチイラってくるわ~(苦笑)
監督のくせに、下準備もしないで、
やっつけ仕事してることに腹が立つね(笑)
アタシも、観なくていいや~っ。
いや、日本のブツは、ほぼ観てないしね(爆)
【2012/04/13 18:38】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
あはは、愛がないのがバレバレなのね。
スポンサー付きの企画ものなのかしら?

ところで「ロボット」の予告を映画館でみたんだけど
うしろのおばさんが、変な笑いかたするのよね。
分からん人にはわからん世界なんだわね、インドって。
【2012/04/13 22:04】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
本にする以上はもっと作りこんで欲しいなぁ

今の彼は 奥さんと 奥さんのバレエにしか愛は無いのかなぁ

映画制作にはお金がいるから どんな仕事でも引き受けちゃうのかなぁ
 
なんにでも言えるけど 愛が無かったら本気では取り組めないと思う

好きな作品も有る監督なんだけど 確かにちょっと尊大さが鼻につくわね~

インド映画は今旬ですからv-221 
【2012/04/14 00:47】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
う~ん、なんでインドについての本を出しちゃったんでしょうね~。
香港に置き換えて考えちゃいました。
とっても嫌だわ。
ご自分の作品を鑑賞した外国の方が日本に来て全く同じ事されたら嫌でしょ~と詰め寄りたい。

楽しいインド映画で口直ししてくださいね。

呟きで『ロボット』の公式にフォローされました。私はインドのイの字も呟いてないのですが(笑)
【2012/04/14 07:58】 | きひ #- | [edit]
> 中身がよくなかったんだね。

中谷さんのがとっても良かったので、とっても期待してたんだけど、がっかり。

> 私、この監督の映画は3本くらいと
> 有頂天のミュージックビデオも見てるんだけど
> なんなんだろ。
> 見た目もそうだけど、どこか精神がなよっちいくせに
> 頑固なんだよね。

あ!そうそう。
上手いな、yonkoちゃん。
頑固なの。
憶病なんじゃないか、って思ったわ。

> とくにやっほーちゃんは今インドに青春かけてるから、
> よけいに読むのが辛く思うんでしょうね。

うん。もっとちゃんともの見てから出かけてよ!って心底思っちゃった。

> 一刻も早く口直しにインド映画を観るんだーっ。

だねぇ。おもいっきりインドのリアリズムに浸るわ。
【2012/04/14 16:44】 | やっほー #- | [edit]
> とっても、読みたくない本だね!
> その国を、相手を敬う気持ちってのがないね。

そうなの。
たぶん、インドだったから尚更だけど、ほかの国のレポでも不快だったと思うわ。

> 別に引き受けたかったわけじゃないしね、みたいな立ち位置!
> イチイチイラってくるわ~(苦笑)

うんうん!
イライラムカムカしちゃった。
謙虚じゃないのよね。

> 監督のくせに、下準備もしないで、
> やっつけ仕事してることに腹が立つね(笑)

これ、番組的にはなんかの賞とってるの。
きっと、テレビ局側の編集が上手かったんだと思うわ。

つまり、取材する人はだれでもよかったんじゃないか、と。

> アタシも、観なくていいや~っ。
> いや、日本のブツは、ほぼ観てないしね(爆)

あはは。あたしも~。
【2012/04/14 16:48】 | やっほー #- | [edit]
> あはは、愛がないのがバレバレなのね。
> スポンサー付きの企画ものなのかしら?

なんなんだろうねぇ。
愛があるのは自分の映画だけ、って感じだったわ。

> ところで「ロボット」の予告を映画館でみたんだけど
> うしろのおばさんが、変な笑いかたするのよね。
> 分からん人にはわからん世界なんだわね、インドって。

えええっ!おばさん、いったい・・。
いいなあ。もう、予告編見たのね。

理想としてはラジニさんからボリウッドにも目を向けてほしいんだけど・・・。道は険しいのかなあ。
【2012/04/14 16:50】 | やっほー #- | [edit]
> 本にする以上はもっと作りこんで欲しいなぁ

中谷さんの本は、一見さらさら書かれているようで、
けっこう、彼女自身の感じ方とか、好奇心とかが丁寧に書かれてて良かったのです。
だから、監督の本も・・・と思ったのが間違いでした。

> 今の彼は 奥さんと 奥さんのバレエにしか愛は無いのかなぁ

あ、あたしもそれ感じました。

> 映画制作にはお金がいるから どんな仕事でも引き受けちゃうのかなぁ

確かアメリカですこしチヤホヤされてた時期だと思うんです。

なんだ、見たことないんだオレの作品、ってかんじが満ち満ちてて、げんなりしました。

> なんにでも言えるけど 愛が無かったら本気では取り組めないと思う

そうなんです。
対象物に愛の無い仕事は、とっても安っぽくなるし、つまらない。

> 好きな作品も有る監督なんだけど 確かにちょっと尊大さが鼻につくわね~

オレサマなんでしょうかね。
それはそれでいいんですけど、それなら、あたしの大事なインドに取材なんて行かないでほしいです。

> インド映画は今旬ですからv-221 

旬ですよね。
でも、それと同時に、あそこには異文化も存在することを認めるおおらかさがあると思うんです。
それが、監督には見られなかったのが、逆にインドに失礼だったかな、って。

【2012/04/14 20:50】 | やっほー #- | [edit]
> う~ん、なんでインドについての本を出しちゃったんでしょうね~。
> 香港に置き換えて考えちゃいました。
> とっても嫌だわ。
> ご自分の作品を鑑賞した外国の方が日本に来て全く同じ事されたら嫌でしょ~と詰め寄りたい。

ありがとう。
自分と作り方が違っても、お互いのやり方でオッケーなところがあればよかったんですが・・。

それが無いだけ読んでてしんどかったです。

にしても、あちらでもジャッキー映画はみんな知ってるのよね。
ジャッキーはやっぱり偉大です。

> 楽しいインド映画で口直ししてくださいね。
>
> 呟きで『ロボット』の公式にフォローされました。私はインドのイの字も呟いてないのですが(笑)

あはは。たぶん、あたしつながりよね。
気が向いて時間があったら、是非、ロボット、ご覧くださいね~。
【2012/04/14 20:53】 | やっほー #- | [edit]
ふーん、そうなんだぁ。
装丁だけみたら、なんか楽しそうって思ったんだけど…(笑)
周防さんには、香港アカデミーのときに奥さまと一緒に会いました。
香港は好きなのかな?わかんないね。

で、お口直しはちゃんとできた?
しっかりしたい気分だね!!(^^)v
【2012/04/17 21:17】 | アンディ #- | [edit]
> ふーん、そうなんだぁ。
> 装丁だけみたら、なんか楽しそうって思ったんだけど…(笑)

装丁は楽しそうで、あたしも手を出したのよ。
残念すぎた。


> 周防さんには、香港アカデミーのときに奥さまと一緒に会いました。
> 香港は好きなのかな?わかんないね。

へぇ!そうなの?
奥様きれいだったろうなあ。(それかぃ)

香港は日本にも沢山入ってきてるから、ねぇ。
インド映画は認知されな過ぎ。
って、あたしも昨日今日好きになった新参者だけどね。


> で、お口直しはちゃんとできた?
> しっかりしたい気分だね!!(^^)v

うん。しっかりしたよ。
まだ、なんかざらっとした気分は思いだすけど(笑)
【2012/04/18 20:43】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/868-19dd965b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。