タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

パーン

2012.06.07(22:47) 918

「グローバリズム出ずる処の殺人者より」アラヴィンド・アディガ著、昨日読み終わりました。


こちらでもリンク貼らせていただいているH.I.Sデリー支店ブログで紹介されていた本です。

もとはと言えば4月8日の記事で最初に目についたのがシャーの「OM SHANTI OM」をもじった表紙の本の方だったのですが。
「ホワイトタイガー」の方は日本語版も出ていると教えていただいたので、購入。



インドの貧困層、著者は「闇」と言っていますが、で生まれた主人公がバンガロールで財をなす物語です。

インドのカースト制度は誰でも知っていますが、姓を名乗っただけで、そのものが、チャイを作る家系なのか、運転手なのか、酒を飲むのか飲まないかも分かってしまうのね。

その社会で、状況に抗うことをせず、革命なんてどっかとの国がやってくれるものとし、「鳥籠」から出ることを考えもしない、もしくは考えることを許されない人たちが、生々しく描かれています。

すてきな極彩色の夢の世界もインドなら、これもインド。

どろどろとした底辺から這い出していこうとする主人公がリアルに描かれています。

なかでもパーンを噛んで赤い唾液を吐き散らす、なんて、衝撃だわ。

いくら下層階級の役とはいえ、そこは夢の国の王子の噛むパーン(「ドン 過去を消された男」)とはずいぶんな落差。

しかし、逆にインドの一大スター・シャールクが(その前はアミターブ・バッチャンが)おらっちの好物の歌で踊ってるぞう!って感じで、受けたのかしらね。
そして、あきらか、ヴィジャイはパーンを咬むけど(下層階級)、ドンは咬まない、と言うところにも、単なる嗜好の違いではなく、名前でカーストが分かるように、象徴的なものだったのかも。

ということ今日の〆は「ドン 過去を消された男」の「バラナシのパーンを食べたら・・」の歌。



スポンサーサイト


んさいげん!


<<兜だってパーンチ!/関羽 三国志英傑伝 | ホームへ | 届いた本と親戚関係解消>>
コメント
>パーンを噛んで赤い唾液を吐き散らす

って、バーンってなーに?(^o^;)

コレが、先日言ってた“どす黒い”小説だね?^^;
確かに、かなりの暗部が書かれてそうだね。

やっほーちゃんは、“極彩色の夢の世界”のお花畑wだけを見ないで
ちゃんとそーいうところにも、目を向けるよね~、エライな~。
知らなければ知らなくていいことだし、
スルーできることなのに、自ら挑んでいくもんね~。
“毒を食らわば皿まで”なのかな?(笑)
それは、愛ゆえなのか?(≧▽≦)

『シャランタム』は、これとはまた違ったモンかもね。
面白くなかったら、對不起ね(笑)
【2012/06/07 23:54】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
極彩色の夢の世界なお花畑の住人なわたしも、先日の映画「I AM.」で明星たちの裏側の顔も見れて、どんな世界もいろいろあるんだと再確認…

キレイ事じゃすまないことがいっぱい!だけどそれもまた人生だ!!

そ~いえばうちの県でも「ロボット」公開よ♪
おめでとう\(^o^)/
【2012/06/08 07:54】 | ソン #- | [edit]
> >パーンを噛んで赤い唾液を吐き散らす
>
> って、バーンってなーに?(^o^;)

Wikiでみたら、「キンマの葉でびんろうの実を包んだ爽快感が味わえる」ものだって。

シャーは緑色の三角のはっぱのくるんだのを咬んでたよ。

びんろうって台湾マフィアとかでお馴染みのものかな。


> コレが、先日言ってた“どす黒い”小説だね?^^;
> 確かに、かなりの暗部が書かれてそうだね。

すごい「暗部」だったよ。
文章は読みやすいけどね。

> やっほーちゃんは、“極彩色の夢の世界”のお花畑wだけを見ないで
> ちゃんとそーいうところにも、目を向けるよね~、エライな~。
> 知らなければ知らなくていいことだし、
> スルーできることなのに、自ら挑んでいくもんね~。
> “毒を食らわば皿まで”なのかな?(笑)
> それは、愛ゆえなのか?(≧▽≦)


いろいろ見たうえで見たいものを選びたいと思うよ。

あれこれ見てると、「シャーの」映画とリンクするものもあるので、おもしろい。
すべてはやっぱり欲望のため。

> 『シャランタム』は、これとはまた違ったモンかもね。
> 面白くなかったら、對不起ね(笑)

違いそうだねえ。迫力ありそうだね。楽しみ。
【2012/06/08 21:11】 | やっほー #- | [edit]
> 極彩色の夢の世界なお花畑の住人なわたしも、先日の映画「I AM.」で明星たちの裏側の顔も見れて、どんな世界もいろいろあるんだと再確認…

あ!やっぱりあれ見たんだね。
予告編「ロボット」で見てて、ソンちゃんはきっと見るだろうな、って思った。

> キレイ事じゃすまないことがいっぱい!だけどそれもまた人生だ!!

だよね。
それも含めて愛していきたいわ。

> そ~いえばうちの県でも「ロボット」公開よ♪
> おめでとう\(^o^)/

ありがと!

って、肝心なのは「ラ・ワン」になってきたのよねえ。
【2012/06/08 21:13】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/918-627cb6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。