タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ラーマーヤナ、なのね。/Villain

2012.07.03(22:07) 933

今日は「Villain」。マニ・ラトナム監督作品。

Villain-2010-songs.jpeg


タミル語作品です。
主演はテロリスト、と言うか、盗賊みたいなのをやっているヴィクラムさん。
先日見た神様がくれた娘で障がいをもった父親を演じてあたしの涙を絞りとった役者さん。

今回は盗賊、と言うかテロリスト。
彼を追う警察の部隊のリーダーの妻(アイシュワリヤ・ラーイ。「ロボット」の彼女ね)がさらわれます。

villain1_convert_20120703215753.jpg

犯人はヴィクラムさん。ヴィクラムさんは実は、妹の復讐を誓っていたのでした。

villain2_convert_20120703215957.jpg


妻をとり返し、一味をたたきつぶしたい警官(プリットヴィラージ)。

やがて双方相まみえることになり・・。


これって同じ監督がヒンディ語版も作ってて、タイトルはそのまま「Raavan」。
そう、「ラーマヤナ」に、そして、8月4日から公開の「Ra.One」のことなのね。

つまり、この神話が元になって作られている、らしいです。

森の道案内をし、警官隊をヴィクラムさんのところに案内するのは、インドにハマる前から知っていた「ハヌマーン」に当たるわけね。

ラーマ王子がさらわれた妻を取り戻す、とか、
妹がラーマ王子にひどい目にあわされて復讐をするとか、

実はまだ「ラーマヤナ」、途中なのですが、はは~ん、と。


この監督さんは、ほぼ同じ設定でヒンディ語もつくられてこっちでは警官役を演じているらしいヴィクラムさん。
そうと知っちゃ、ヒンディ語版もみたいなあ。
でもこっちアビシェークも出てるのね。
どうも、アビシェークを見ると眠くなるのは何故?
だから、「デリー6」もまだ途中なのだ。


ところで、このマニ・ラトナム監督、と言えばシャーの大名作「Dil Se」撮った方なんだわ。
ってことで、今夜の〆は,ごめんなさい、やっぱりシャー。

いつものしゅっぽっぽでないのを。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<熱く語る | ホームへ | Ready>>
コメント
な~るほど、タミル語とヒンディ語があると、
どっちもほしくなるのは、アタシらが、台湾版と香港版、
どっちも揃えたいっていう気持ちと同じなのね(笑)
是非、いろいろコンプリートしてねぃっ!
そのため、日雇いぎゃんばろーね、お互いに!(爆)

【2012/07/03 23:28】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> な~るほど、タミル語とヒンディ語があると、
> どっちもほしくなるのは、アタシらが、台湾版と香港版、
> どっちも揃えたいっていう気持ちと同じなのね(笑)

そうなの。
しかも、警察官とテロリストをタミルとヒンディで変えてるの。

まあ、ジャンユーがテロリストと彼を追う警官と両方香港版と台湾版で替えて演じてる、見たいな感じ。


> 是非、いろいろコンプリートしてねぃっ!
> そのため、日雇いぎゃんばろーね、お互いに!(爆)

結構ようつべで英語や日本語字幕で見られるのがありがたいわ。
で、これ!っていうのはやはりブツで持って置く・・っと。

日雇い肉体労働、おたがい、頑張ろうねえ。
あたしの二の腕、こんどご披露しちゃおうかね。

んじゃ、行ってきまーす!
【2012/07/04 08:41】 | やっほー #- | [edit]
タミル語とヒンディ語って、音が随分違うの?
香港と大陸だと作風もエライ違いだけど
そんな感じ?

デリー6見たよ
NHKのフィルムフェスティバルでやったのは
TVで翌年やるもんね。
たしか、ロンドンでの話が・・・?
結婚するカップルの・・・?
あれ、ちがう映画かな?
【2012/07/04 19:43】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
つまり、この神話が元になって作られている、らしいです。
>それでは 何が何でも見なくちゃならないね(笑)

タミル語とヒンディ語版
>内容も変わるようだけど
大陸版のように気に入らないところを変えろという圧力とは違うのかな

まあ香港版と大陸版も違えば違うほど 割り切って迷的に見るには面白いのよね
【2012/07/04 21:48】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> タミル語とヒンディ語って、音が随分違うの?

あたしはどっちもわかんないんだけど、
ガイド氏(デリー出身)によると、南の言葉はさっぱりわからない、そうです。

だから、南インドの映画、北に持ってくるときは、吹き替えしたり、別バージョン撮っちゃったりするみたい。

ちなみに「ロボット」日本版はヒンディ語吹き替えバージョン。
(完全版はタミル語。ダンスがカットされてるだけでなかったのね。)

> 香港と大陸だと作風もエライ違いだけど
> そんな感じ?

あたしはまだそんなに見てないけど、南インドの方がローカル色と言うか、こってこてというか、泥臭い感じかなあ。
ボリウッドは都会的かな。あくまでもざっくりというと。
何せ、インド映画とは、と語れるほど見てない。(しかも見たのはすごく偏ってるし)

> デリー6見たよ
> NHKのフィルムフェスティバルでやったのは
> TVで翌年やるもんね。
> たしか、ロンドンでの話が・・・?
> 結婚するカップルの・・・?
> あれ、ちがう映画かな?

あれれ?あたし、見てないからわからないんだけど。
ちょっとほんとにあたし、これ焼いたDVD探しだして見なきゃ。

アビシェーク見ると何故か眠くなるので、見終わるまでに何日かかるかな。
【2012/07/04 21:50】 | やっほー #- | [edit]
> つまり、この神話が元になって作られている、らしいです。
> >それでは 何が何でも見なくちゃならないね(笑)

ええ。
ちょうど、usakoさんの「項羽と劉邦」みたいにね。

> タミル語とヒンディ語版
> >内容も変わるようだけど
> 大陸版のように気に入らないところを変えろという圧力とは違うのかな

違うと思います。

基本は言葉が違うから、リメイクして作ったりするようです。
それぞれの地方の人気俳優さんをつかったりして。

> まあ香港版と大陸版も違えば違うほど 割り切って迷的に見るには面白いのよね

大陸版のとほほはほんとに、よほどのマニアでない限り。。手が出ません。
(あれ?もしかしてusakoさんは持ってられるの?v-392

少なくともこの作品に関しては、それぞれがかなり出来が良いようです。
何せ名優ヴィクラムさんを起用していますし。

ただ、お気楽な作品ではないです。
もともとラーマヤナも結末は悲劇的なんです。
(正確には「悲劇的らしい」です。まだ読み終えてないんです)

この監督作品、シャーの「DIL SE」も衝撃的でした。でも好きな作品です。
この監督、ダンスシーンも評判が良いんですよ。
【2012/07/04 23:05】 | やっほー #- | [edit]
はい、有れば大陸版も必ず買います。
だって、作品ぶち壊しっぷりをしかと見なくてはね。
前に、ブログで、香港版と大陸版の違いを「門徒」を例に取り、で説明した事もありました。(笑)
【2012/07/05 00:53】 | usako #- | [edit]
> はい、有れば大陸版も必ず買います。
> だって、作品ぶち壊しっぷりをしかと見なくてはね。

あはは!
やはり、迷は見届けたいですものね。

> 前に、ブログで、香港版と大陸版の違いを「門徒」を例に取り、で説明した事もありました。(笑)

あら?!では、のちほど拝見させていただこうっと。
「門徒」カテだけでもかなりありそうだけど、探せるかしら。
【2012/07/05 09:27】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/933-640c451e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。