タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

香港とは一味違うインド黒社会「Once Upon a Time in Mumbai」

2012.07.24(22:38) 951

冷蔵庫上段にスムージーを入れておいたら、娘が、先ほどひっくり返しまして、先ほどまで掃除してました。

ずっと気になっていたんですが、物、詰め込み過ぎなのよね。
使いかけ焼き肉のたれやら、ドレッシングやらも、処分しました。

スムジーの宙返りなんて、ラ・ワン公式のあれに比べたらなんてことはありません。
むしろ、冷蔵庫の掃除ができてラッキー。

夕べ、一夜にして、まるくなった、あたしです(爆)

さて、
泣いても良いから前を見ろ!!

落ち込んだときはブツを見ろ!!

ということで、今日は「Once Upon a Time in Mumbai」。

来ましたよ~。インドマフィアものです。


シャーのおかげで、すっかり色恋に目覚めたあたしですが、
元はと言えばマフィアものが本業(?)だったはず。

主演は
するたん

アジャイ・デーヴガン、と言う俳優さん。

アジャイ演じるスルタン・ミルザはマフィアのボス。
なれど、麻薬や酒の密造などは行わず、バクシーシーもする人格者。
街の人たちからも一目置かれています。

しかし、マフィア一掃を狙う警察からは目をつけられています。
そんななか、1人の警官の息子(イムラーン・ハーシュミー)は
しょえーぶ


父の口利きで(!)、アジャイの手下になります。

ある日、アジャイは恋人が病気とわかり、結婚し、マフィアから距離を置く決心をします。
しかし、そんな時、手下のイムラーンが、ボスの手を出さなかった密造酒に手を出し、死者がでます。

怒るアジャイ。

やがて、イムラーンはアジャイの座を狙おうと、アジャイ暗殺に加わるのでした・・・。

かつて、普通の方から
「香港映画で、警官とマフィアが出てないのはないの?」

ってきかれて、古装以外で、あったかなあ、と悩んだことがありました。

それくらい、「映画の中では」警官とマフィアは2大スター!!

中でもやはり名作中の名作、「インファナル・アフェア」の、特に2「無間序曲」は白眉!!と言えましょう。
なにせ、こわい。
かいちーおじちゃんのハーモニカも怖けりゃ、たぶんこれで落ちた人多数と思われるジャンユーもクール。

湿気と暑さの中で、汗にまみれ、血にまみれ、のたうつ黒社会の面々に、こわいけど心惹かれるものがありました。


そして、本作。

たぶん、リアルにインドマフィアを描いたら、香港に引けを取らない怖さだと思うのですが、この作品でのアジャイは、ちょっといい人過ぎたかなあ。
ヤクには手を出さないし、
ミンチもなければ
木箱でゴロゴロもないし・・。

しかし、アジャイは後半政治家を目指すので、そこまで行っちゃまずいよね。

と言うことで、むしろ、男・アジャイが前面に出たオトコマエ・マフィア・作品でした。

















スポンサーサイト


んさいげん!


<<枯れ木も山のにぎわいで・・。 | ホームへ | 「ラ・ワン」人生相談>>
コメント
>香港映画で、警官とマフィアが出てないのはないの?

何かないのかー?(笑)
例えば、背景としてチラリと映ってるお巡りさんは、
除外でいいのよね?(笑)
るいすの『生日快樂』はどーだろ?←必死にw

アジャイさん、マジ黒っぽ~い(笑)
けど、確かに、いいヒトそう、ぷぷぷ。

【2012/07/24 23:43】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
制服の警官が出てこない香港映画なんてさみしい。

PTUだと、もっとステキ。白バイもいいわぁ。
この二つは本物も目が釘付けになる位ステキ!
…って、何の話をしているのか。

あぁ、でもロノと達明の警官ものは大バカ映画で爆笑よ。

インドのマフィアは、考えたくない程恐そう。ブルブル。

↓で教えていただいたインド映画は、事務局よりお知らせメールがきていました。面白そうです。
アジアフォーカスにも、いつか来てくださいね。
【2012/07/25 01:19】 | 竹 #- | [edit]
この顔の濃さで中身も濃いと
きびしいかもよ。
リアルに描くと関係各所の調整が大変かもよ。

亀有なみの人情警官が出てくるのって
容易に想像がつくね。
歌って踊れる制服い警官(笑)
【2012/07/25 08:36】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
あ~ミンチで木箱ゴロゴロ!
わたし黒社会のジミー仔でるいすに墜ちたの!!

インファ~で香港映画無間道だけど(爆)、エレクションも秀逸\(^O^)/
【2012/07/25 21:02】 | ソン #- | [edit]
ほんと、あれこれ考えると、なかなか思い当たらなくて・・。

> >香港映画で、警官とマフィアが出てないのはないの?
>
> 何かないのかー?(笑)
> 例えば、背景としてチラリと映ってるお巡りさんは、
> 除外でいいのよね?(笑)
> るいすの『生日快樂』はどーだろ?←必死にw

あ!それはない・・・かな?
セーフ?

> アジャイさん、マジ黒っぽ~い(笑)
> けど、確かに、いいヒトそう、ぷぷぷ。

マフィアのボスにぴったりでしょう?
そんでもって、悪にはなれない。

ほんとに怖いのは、やっぱりかいちーさんとか、じゃんゆーさんみたいな感じと思うの。
それか、ミンチるいすか?
【2012/07/25 21:11】 | やっほー #- | [edit]
> 制服の警官が出てこない香港映画なんてさみしい。

そうなの。
この渡世(?!)に生きるあたしたちにはさびしいですよね。
でも、「普通」の人はそう思ったりもするみたい。

> PTUだと、もっとステキ。白バイもいいわぁ。
> この二つは本物も目が釘付けになる位ステキ!
> …って、何の話をしているのか。

あはは。つい、熱く語っちゃいますよね。
PTUはやっぱりヤムヤムイメージ。
そして、白バイは・・シンチー?(爆)

> あぁ、でもロノと達明の警官ものは大バカ映画で爆笑よ。

あの離島でのおバカ映画?w

> インドのマフィアは、考えたくない程恐そう。ブルブル。

ほんとは怖そうですよね。
これから、そっち方面も見ていきたいです。震えながら。

> ↓で教えていただいたインド映画は、事務局よりお知らせメールがきていました。面白そうです。
> アジアフォーカスにも、いつか来てくださいね。

あ、メール来てたんですね。
ぜひ、いつか、アジアフォーカス!
参戦、夢見てます。
【2012/07/25 21:16】 | やっほー #- | [edit]
> この顔の濃さで中身も濃いと
> きびしいかもよ。
> リアルに描くと関係各所の調整が大変かもよ。

そうだよね。
あまりにも当たり障りがありすぎそう(笑)

> 亀有なみの人情警官が出てくるのって
> 容易に想像がつくね。
> 歌って踊れる制服い警官(笑)

あはは。
これは警官は踊ってないわ。
警官も踊ってほしいよね。
【2012/07/25 21:17】 | やっほー #- | [edit]
> あ~ミンチで木箱ゴロゴロ!
> わたし黒社会のジミー仔でるいすに墜ちたの!!

あれえ!!
じゃあ、あたしと一緒だ。
(今頃驚く。)

いいよね、あれのるいす。

> インファ~で香港映画無間道だけど(爆)、エレクションも秀逸\(^O^)/

エレクションもいいよねえ。
あたしも大好き。
繰り返し見ても、唸るわ。
【2012/07/25 21:18】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/951-cc53dd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。