タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

駆け落ちは命がけ/AAKROSH

2012.08.07(21:54) 962

YOUTBEでお次はこんなのどう?と勧められるがまま、あら、主演はアジャイさんだ!と言うだけで、見始めた「AAKROSH」。

220px-Aakrosh_2010.jpg



見始めたらやめられなくなってしまい、一気に見ました。

冒頭は「ラ・ワン」でも出てくるダシャヘラーのお祭りです。

AAKROSH1_convert_20120807213515.jpg


その祭りの日、ある村に行ったまま戻らない3人の学生。
行方不明になってから2カ月。
学生たちの通う大学を中心とした救助を求める学生運動や,
マスコミによる糾弾が広がり、捜査のためCBI(インド中央捜査局)が動き始めます。


AAKROSH2_convert_20120807213633.jpg

(村出身の捜査官 アジャイ・デーヴガン)


AAKROSH3_convert_20120807213713.jpg 
(捜査官2 アクシャイ・カンナー)


村になってきた捜査官は調査を始めるものの、村のものの口は一様に重く、閉ざされたまま。

この村の有力者と警察はグルになっており、彼らに逆らったものを、容易に虐殺していたのでした。

捜査官の1人、アジャイはこの村の出身。
かれは、一家虐殺の中で唯一生き残った子だったのですが、それが原因で、恋人との結婚の夢破れた過去を持っていました。
そして、彼女は悪徳警官の妻になっていたのでした。

AAKROSH4_convert_20120807213801.jpg (かつての恋人役・ビバーシャ・バース)

どうも、この作品、「名誉殺人」と言うのがキーワードらしいです。
これは、カースト制の残るインドで、カーストの異なる者同志の結婚など、親の意にそわない結婚をしようとしたものに対して行われる殺人。
これはその刃が相手に対しでだけでなく、我が子に対しても向けられるものらしいです。

ロマンチックなお馴染み「DDLJ」だって「家族の四季」だって、場合によっちゃ親によって殺されちゃうくらいの必死なお話だったのね。

そういえば「DON」にも駆け落ちをにおわせるシーンがあったな。

インドの駆け落ちってかくも命がけなのか。

人をがんじがらめに縛りつけるカースト制も怖いし、
当たり前のようにコロコロ人が殺されていくのも怖いし、
そのために口を固く閉ざす村人も怖い。

主人公のアジャイは、アクション炸裂。
ベルトで電線伝いにすべりおりるわ、
列車の下にはもぐりこむわ、
車の屋根に乗って逃走犯を追跡するわ、

捜査対象を、徹底的に追っていくシーンがすごいです。

重苦しい映画でしたが、ベンチに座っていた昔の恋人のかばんを、当然のように持って汽車に乗り込むシーンのアジャイがかっちょいいのが救いでした。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<4回目「ラ・ワン」と、恵比寿と言ったらアレ! | ホームへ | SRKと夢の共演?!>>
コメント
踊りはないんだろね?^^;
でも、こーいう重苦しいけど、
中味がしっかりしてそうなブツ(え?w)は、
観てみたいかも!(笑)←他が中味がないって意味じゃないからね~(^o^;)

アジャイさんもたいがい濃ゆいけどw、
なんか、秋生さんみたいなククリでいいのかな?って
思ったよ、どーなの?(笑)
【2012/08/07 22:00】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> 踊りはないんだろね?^^;

アジャイさんは3本目だけど、どうやら踊らない役者さんらしい。
これでも踊ってはいなかった。
昔の恋の思い出のMV(?)では出てたけど。

> でも、こーいう重苦しいけど、
> 中味がしっかりしてそうなブツ(え?w)は、
> 観てみたいかも!(笑)←他が中味がないって意味じゃないからね~(^o^;)

これは、衝撃的だったわ。

あたしがみたようつべも、貼ってみた。

英語字幕だして、CCボタンでへんちょこりんながら日本語字幕にもなるの。

もし、五輪番が終わって気が向いたらどうぞ。

1つ1つの作品が、だんだんほかの作品の色んなシーンと繋がっていくのも面白いんだ。

どの国の映画もそうかもしれないけど。

> アジャイさんもたいがい濃ゆいけどw、
> なんか、秋生さんみたいなククリでいいのかな?って
> 思ったよ、どーなの?(笑)

そうだね、秋生さん系かも!
秋生さんより8コくらい下だと思うけど。
ふふ。見えないよね~。
(あたしゃ50代かと思ったよ。あのカージョルの老公だって。)
【2012/08/07 22:28】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/962-10916911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。