タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アミタブじぃ、最高!!/Bunty Aur Babli

2012.08.21(19:48) 970

Bunty Aur Babli

tumblr_m6jx8bnurV1r1bcxk_convert_20120821213150.jpg


先日「DOR/運命の糸」を見たときに、そのダンスシーンのあまりの素敵さに、是非オリジナル作品も見てみたい!!と思って探したら、YOUTUBEにありました。
公式なものらしく、150円払うと72時間見られるので、さっそく、試してみました。
(字幕は英文ですが、<CC>ボタンで摩訶不思議ではありますが日文翻訳字幕になります。

さて、主演はアビシェク・バッチャンと


bunty-aur-babli_convert_20120821212932.jpg



ラーニー・ムケルジー。

2079_convert_20120821213010.jpg


2人は親に反発しそれぞれの夢を追って都会に出てきます。
駅でたまたま知り合った2人は、
しかし、夢破れ、いつしか有名な詐欺師になっていくのでした。

このペテンにかけて、お金持ちから金品を巻き上げるやり方が、爽快で、可笑しい。
中でも「タージマハールを売りに出す」という詐欺はには大笑い。

小さなウソはばれやすいけど、大きなウソはばれにくいのね。

にしたって「タージマハール!!」

そのやり方は・・ご覧になる方のお楽しみ、ですが。

しかし、やはりこの2人だけだと、ちょっとこどもの映画、なのですが、ここにからんでくるのがアビシェクの実父、アミタブ・バッチャンなのです。

buntyaurbabli15_10x7_convert_20120821213042.jpg


パパの方は2人の詐欺師を追う警察官役で、タージマハールあたりからからんでくるのですが、とたんに作品に深みが出てくるのね。

お互いの素性を知らず、追うものと追われるものが飲んだくれるシーンは最高!
アミタブ・バッチャンの失恋話、かなりアドリブはいってる?って感じのくだまきシーン、そしてダンスだけの登場のアビシェクの実の妻アイシュワリヤ・ライとの(実生活での舅・夫・嫁の3人による)楽しい「Kajra re」。

そして、やがて2人の詐欺師は追い詰められ・・。

どうしても、アビシェク作品は、あたしを睡魔が襲うのですが、この作品は寝ませんでした。
ラーニーがいままで見ていたシャールク作品とちょっと雰囲気が違っていたのと、
やはりバッチャン(父)の存在感の大きさでしょうか。

最後のクレジットのアミタブじぃ、かっちょ良いわ~
当時70歳目前にして、これ!最高!!



スポンサーサイト


んさいげん!


<<ちゅーが飛ぶよ!/RAMJAANE(追記あり) | ホームへ | 蔡瀾 さんのとこで>>
コメント
>当時70歳目前にして、これ!最高!!

ひょ~、70!!
インドにもいるのね、不良じじいww
いいわ~、
かっこいい!
【2012/08/22 08:56】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
> >当時70歳目前にして、これ!最高!!
>
> ひょ~、70!!
> インドにもいるのね、不良じじいww
> いいわ~、
> かっこいい!

アミタブ・バッチャン氏は長いことスターであり続けてる俳優さんの様です。

時にはこのようないかした警官、また、あるときは厳格な校長、と演じ分けます。
そういえば多謝。さんもご覧になってるシャーの「DON」も、もともとバッチャンの作品のリメイクなんですよ。

友達の情報ではちょんきんの奥の方にあるお店にバッチャンファンのおばさまのいるお店もあるようで、いつか行ってみたいの。

まず、それにはがんがんバチャン作品見なきゃ。


(ちなみに「じぃ」は「爺」とヒンディ語の敬称の「ji」をかけてみたんだけどv-392
【2012/08/22 22:11】 | やっほー #- | [edit]
アビシェクの実父がアミタブ?
で、アビシェクの嫁が、アイシュワリヤ・ライ?
ってことは、実生活は、父と息子とその嫁?(^-^;)
あ!息子の嫁からみたら、アミダブは舅か?
とにかく、近親者なのだな?(笑)

って、こんな食いつき!?(爆)
【2012/08/23 00:07】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> アビシェクの実父がアミタブ?
> で、アビシェクの嫁が、アイシュワリヤ・ライ?
> ってことは、実生活は、父と息子とその嫁?(^-^;)
> あ!息子の嫁からみたら、アミダブは舅か?
> とにかく、近親者なのだな?(笑)

インドのこの世界(じゃなくても、インド全般がその傾向だね、たぶん)って代代映画関係者っていうのが多いのよ。

特にこのバッチャン親子はよく似てるので、アビシェクみてるだけで、父ちゃんの面影を追ってしまうのが困りものだわ。

> って、こんな食いつき!?(爆)

あはは。
食いつきづらい日記に、がっぷりついてきてくれてありがとね。
【2012/08/23 13:54】 | やっほー #- | [edit]
エンペラー・アミターブ・バッチャンは、年を取ってからのほうが断然いいと思います。若いときって、なんだがギラギラしていて、あまり得意じゃないんですよね。「Sholey」とか大スターなんですけど。
年を重ねて、いい具合に脂気が抜けたのかも。
【2012/08/23 23:48】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
> エンペラー・アミターブ・バッチャンは、年を取ってからのほうが断然いいと思います。若いときって、なんだがギラギラしていて、あまり得意じゃないんですよね。「Sholey」とか大スターなんですけど。


あらあ、そうなんですか。
あたしの初バッチャンは、シャールク作品だったので、昔を知らないのです。

>Sholey

YOUTUBEで見られそうですね。見てみます。

脂っこいバッチャン。

> 年を重ねて、いい具合に脂気が抜けたのかも。

ああ!それ素敵ですよねえ。
お茶目な部分もあるし・・。
【2012/08/24 10:29】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/970-a6413135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。