タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

圧倒されまくり/The Dirty Picture .

2012.09.05(22:10) 976

220px-The_Dirty_Picture2.jpg

主役はヴィディアー・バーラン、という、女優さん。
1980年代に活躍した女優・シルクを演じます。

映画界に憧れて家を出た彼女が、セックスシンボルとして絶頂期を迎え、やがて没落して行くお話。

彼女の周りに三人の男性。
ナセールッディンシャー演じるスター、スーリアカーント。
シルクと関係を持ちますが、やがて妻の元へ。

スーリアカーントの弟(トゥシャール・カプール)。

彼女に惹かれながらも、やはり、奔放過ぎる彼女から去っていきます。
器が違いすぎた。

そして、もう1人は彼女の出世作の監督(イムラーン・ハーシュミー)
彼女を毛嫌いし、当初彼女のダンスシーンをカットします。
(しかし、興行収入を懸念した制作会社が、強引にダンスシーンを再びいれ、シルクは一躍スターになって行くのですが)

ヴィディアーは、野心に燃えた少女時代、妖艶な新人時代、爛熟の最盛期、そして、没落して行く終末期までを見事に演じています。

ラスト近くの、酒浸りの日々。
一念発起して無名の映画会社に出向く場面。
たるんだお腹をジーンズのウエストの上に乗せて、出かけるところ。
我が腹を見るようで、おののきました。

ヴィディヤーのそのあまりの変貌ぶりが見事。

実はだれ1人知ってる役者さんがいない作品。
こういうの新鮮。

彼女を毛嫌いする監督は、「エビータ」のチェ・ゲバラ見たい感じ?と思ったのですが、そうでもない。
じつは、そんな展開を期待していたので、ちょっと肩すかし。

しかし、ディーヴィアーがすごかったので、彼女のほかの作品も見てみたい。

彼女の迫力に圧倒されたのと、
最初の愛人、スーリヤカーント役のナセールッディンシャーが、ちょっとあまりにあたしの守備範囲から離れてて、見ていて、(特にダンスシーン)別の意味で圧倒されました。

あ、でも、曲が良いんだわ。





スポンサーサイト


んさいげん!


<<生に会うには・・・。 | ホームへ | さざえさん>>
コメント
>たるんだお腹をジーンズのウエストの上に乗せて、出かけるところ。

ううう~、アタシものっかるのよぉ~(T∇T)
ロングブレス、真面目にやらないとぉ~(切実)

出てるヒト、誰も知らないのに、なんで、観ようと思ったの?(笑)
【2012/09/05 23:53】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> >たるんだお腹をジーンズのウエストの上に乗せて、出かけるところ。
>
> ううう~、アタシものっかるのよぉ~(T∇T)

Pちゃんのは乗っかってるのは、せいぜい皮くらい、とおもう。
あたしのは、座布団クラスのが乗っかってるんだせぇ。
張り合うとこじゃないけど・・。

> ロングブレス、真面目にやらないとぉ~(切実)

ああ!あたしも。せめても、あのくらいやりつづけなくちゃ。
時々発作的にやってるといつもちびっこに「何してるの?」と、きかれる。
奇妙な姿に映るんだろうなあ。


> 出てるヒト、誰も知らないのに、なんで、観ようと思ったの?(笑)

そーなのよ。なんで?でしょう??あたしも知りたい。
たぶん、どなたかかが勧めてくれてて、探してYOUTUBEの「後で見る」してたんだと思うんだけど・・。
【2012/09/06 05:40】 | やっほー #- | [edit]
ナセールッディンシャーだめでした?
私にとっては最高ですよ(笑)
衣装の着こなしといいエロい指使いといい、すでに300万回見たうららMVでは妄想でナセールッディンシャーと踊ってます。
「人生は一度だけ/Zindagi Na Milegi Dobara」では主演のイケメン三人を差し置いてセクシーでした。
「Iqbal」の酔っ払いコーチもいいですよ。
【2012/09/06 21:33】 | maiko #Cwt9fnWU | [edit]
> ナセールッディンシャーだめでした?
> 私にとっては最高ですよ(笑)

あはは。「最高」ですかぁ!!
あのやらしいところか、嫉妬するところとか、上手いなあ、と思うのですが・・。

なんか、どうも抵抗が。

これって、「夜宴」の葛優さんを見たときの感覚と似てるんです。
うわあ!やらしい!!と思いながら、目が離せない、って感じが。

葛優さんはそのあと見た「非誠勿擾」で参りました。
そして、「譲子弾飛」では、彼あってのあの作品!とまで確信しました。
(その前の「赵氏孤儿 」では・・・でしたが)

そんな風に目が離せない感じなんです。
これから自分の中でナセールッディンシャーがどう変化していくのか、ちょっとあれこれ作品、見たくなりました。


> 衣装の着こなしといいエロい指使いといい、すでに300万回見たうららMVでは妄想でナセールッディンシャーと踊ってます。

まあ!maikoさん!!!
まだ、あのナセールディンシャーとは踊れないんですが、いつか、そんな日が来たら、ご報告させてください。
いまのところは、一緒に踊れるのはシャールクだけなんです・・・。
身がかたいでしょ?(爆)


> 「人生は一度だけ/Zindagi Na Milegi Dobara」では主演のイケメン三人を差し置いてセクシーでした。

あら!この作品にも出てるんですね。
じゃあ、見なきゃ。


> 「Iqbal」の酔っ払いコーチもいいですよ。

コーチと聞いちゃあちゃくでいんでぃあですが、どんなコーチなのか、気になります。
【2012/09/07 21:30】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/976-e1e67c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。