タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

去班加羅爾旅行 その2お誕生日とビリヤニと二重顎モミモミ

2016.09.07(16:39) 1795

インドから5日に帰国しました。
もうあちこちで書いてるけど、備忘録なのでまとめておこうっと。
今回の目的はSudeep様の8月12日に公開になった「Kotigobba2」を見ること。
そして、9月2日のSudeep様の誕生日をちょっとのぞいてみること。
お誕生日の様子は人山人海、男子の雄叫びが毎年Youtubeにアップされていました。
なので、これはちょっと遠くからこっそりのぞいてくるだけかな・・・、と思っていました。
ところが、数日前、FCのM君が
「誕生日に来るなら連絡して」と言ってきてくれました。
「じゃあ、行ってみたい!」といったところ、「迎えに行ってあげる」、と。
前日まで全く知らなかったのですが、2日はカルナータカ州はストがあって、わが愛用のオートもほとんど動かないことになっていたらしいです。
10時半ころ車で迎えに来てくれたM君と、まずはFCのトップのG氏のおうちでM君の妹Sちゃんと合流。
運転をしてくれたC君と4人でいよいよSudeep邸へ。
おうちの近くはやはり今年も人人人。
Sudeep邸の裏側の駐車場で時々上がる歓声を聞きながらSちゃんと待つことしばし。
どこぞから戻ってきたM君とSちゃんと手をつないで会場になっている家に。
途中G氏も出てきてくださって、入りやすいように誘導してくださいました。
わたしも実は会場の全貌はわからないのですが、どうも3パートに分かれていたようです。
まずはここでみんな並んで握手や写真撮影するコーナー(仮に「一般参賀のコーナーと呼びましょう)
次はたくさんあるファンクラブが次々に通されて、ケーキ入刀、食べさせっこ、プレゼント贈呈、写真撮影するコーナー(仮に「謁見の間」と呼びましょう。)

さらにおなじみのベランダからお部屋の中に入ってすぐの応接室。お身内の方のほか、俳優さんや女優さんがお祝いにやってくると通されるところ(これを「奥の院」とします。)
この3か所をSudeep様は順番に回っていってたと思われます。たぶん。
ベランダでお祝いのラッドゥをいただいた後

あたしがSちゃんと通されたのはなんとあろうことか、「奥の院」。
入るや否やSudeep様のおばさまが「お昼ご飯食べた?ビリヤニいかが?ヴェジタリアン?それともノンヴェジ?」
え・・・いいんですかぃ?と思いつつもチキンビリヤニをちゃかり所望w

Sちゃんと食べ始めました。
およそ半分くらいまで進んだとき、いよいよのSudeep様が登場。(嗚呼、鼻血・・・
さあ、行って行って!と周りの方に促されるままにSちゃんとにじり寄り日本から作って持っていった大漁旗とお土産を渡しました。

一つ一つ丁寧に包みを開けてくださるSudeep様にお土産の流れでお料理の話をしたら
「お寿司やJapaneseNoodleも好きですよ」とSudeep様。
(え、お箸で召し上がるのかしら、、、、とお箸姿を妄想し萌え汁大放出。できればちょっとぎこちなく使ってくれてたりしたらいいなあ。あああっ))
そして、大漁旗を広げてくださいました。

その時のお写真、まだどこにも上がってないのでいつかどなたかあげてくださると良いな。
周りで写真を撮ってくださってた側近の方たち(!)もうおぉぉぉ・・・と。
その後Sudeep様は隣のダイニングに下がられ、たぶんお食事。
とっても楽しそうに話す声が聞こえてました。何話してたんだろう。
奥の院に残ったあたしとSちゃんは覗き見しようとしたけど、体が思うように動かずあきらめました。すっかり腑抜け。
おばさまが「辛くない?おかわりいる?」と世話を焼いてくださいますが、二人で「もう胸がいっぱいで・・・」
食事の後もSudeepパパとママ、そして娘さんのSaanviちゃん、おじ様、お姉さま方が入れ代わり立ち代わりやってきてくださいます。
一緒に写真を撮ってくれたり、「私の娘は日本語ならってるのよ」とか「あなた、前回もお会いしましたね。覚えてますよ」とか「もと、銀行に勤めていたんで、日本のお札があったら見せてもらえますか」とか「あなたの出てる番組見ましたよ、とてもよかったわ」と言いながらあたしの二重あごをモミモミしてくださったり。
虚脱状態のファンに皆さん温かく声をかけてくださいました。
時々お祝いに入ってこられる女優さん(きれいだけどお名前わからず)とSudeep様の様子を見たりして過ごすことおよそ2時間。
M君が戻ってきて、3人でベランダに。
ここでFCの重鎮G氏N氏、バンガロールに行くといつも会いに来てくれるK君、ネットを通じて知り合った方や、Sudeep様のマネージャー氏、ボディガード氏、その場で会った方としばし歓談、セルフィー祭り。
合間に謁見の間で執り行われるFCのお祝いの儀を拝見したりしたあと、お暇したのは4時ころだったかな。
だいぶお祝いの人もすくなくなった会場を後にしてまたもやC君に運転していただき、ホテルに戻ってきたのでした。
どの方も本当に温かくてフレンドリーで、とっても幸せな時間でした。
その日のご飯はほとんど喉を通らなかったことは言うに及ばず、でした。

大漁旗。作ってくださったのは株式会社バンテックさん。
お世話になりました。

んさいげん!


タイトル画像

去班加羅爾旅行 その1 前振り

2016.08.31(12:46) 1794

昨日の夕方、ファンの方からお知らせいただいて、インド時間で8時半、日本時間で夜12時からのTV9見ました。
なんか、見たことある写真が沢山出てきて、一緒に見ていた娘は笑うし、あたしは変な汗かきました。



ツイッターはもちろん、ブログも出てきて、滝汗。


どうやら明後日9月2日のお誕生日直前特番だったようです。







ということで、放映された去年の熱狂お誕生会に若干怖気付きながら、これからバンガロール行ってきますね。

 

んさいげん!


タイトル画像

発作的夏遠足

2016.08.21(21:27) 1793

ちびっこの夏休みも気づけば残り僅か。
家族の一員として、暑い間もせっせと学童に通ったちびっこ。
今日は家族の休みが合った日曜日。
ならば!と急遽思い立って遠足決行。
せっかくならずっといつかやりたいと思っていた流しそうめんをやろう!ということに。
選んだのは長瀞。

秩父鉄道はICガードが使えないのね。
お得なフリー切符を駅員さんが勧めてくださいました。
うたた寝しながら列車に揺られて、目が覚めたら山がぐっと近くにありました。

家からおよそ2時間余りで長瀞駅に到着。
のどかな駅の風景。


まずは流しそうめんのお店へ。

大人気のお店で、美しい景色にうっとりとしながら待つこと2時間w


やっといただいたおそうめん。

豚の串焼きと鮎

お腹も膨れたので、途中お漬物を買っていただきながら


地質の宝庫岩畳へ。

冷たい川の水の中には小さなお魚やエビがいました。


もちろんちびっこ大喜び。

川に未練を残しながらもかき氷も外せない!
日本で天然氷を作っているのは、日光と軽井沢と、ここだけなんですって。
ふわふわしたかき氷、いただきました。


帰りには電車の窓から真っ赤な夕焼けを背にした富士山も見ることができて大満足。
ここ数日の不安定な天気を考えると、見られてラッキー!
ちびっこのおかげで楽しい夏休みの1日過ごさせてもらいました。

んさいげん!


タイトル画像

どこにいたの?/シン・ゴジラ

2016.08.18(20:38) 1792

最近、家族の一人が爬虫類にはまっております。
爬虫類カフェとか行くんだって。
そんな家族に「大きな爬虫類見に行かない?」と誘って映画見に行きました。
シン・ゴジラ。

えーと、お話は東京湾にゴジラが現れててんやわんや、、というもの。
実はちゃんと全編みたゴジラってたぶんこれが最初。
作品は見てなくても、、ゴジラってどんなんか、一応わかるのね。
で、この作品で最初に出てきたとき、「これ?!」って正直思いましたw
ねこバス???
これでいいの?
と思ったのですが、だんだん、そうじゃなくなってきたので、ほっとしました。
でも、ゴジラって溶岩みたいな、体の隙間から赤々としたものが見えるものなの?
といった按配でへー!!ほぉぉ!!
となりました。
これは他のゴジラ作品も見てみたいぞ。
お話はゴジラという日本存亡の危機に立ち向かう人々、って映画だったかな。
主役はだからゴジラ、じゃなくて人間か。
思った以上に面白かったです。
で、最後のクレジットで、あらまあ!!クレさん、出てるじゃない。どこにいたの?
DVD出たらもう一度確かめてみたい。

んさいげん!


タイトル画像

どっち?どっち??/「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME Dragon 」

2016.08.17(17:29) 1791

もう一本見た香港ブツ。
「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME DRAGON」
bsroom021.jpg
お話
奪われた真珠を追って、一人のカンフー使いがある村を訪れた。村を支配するギャングのボスは、腹心の部下を遣って彼を倒そうとする。そこへ、主人公を助ける謎の美女が現われ……。真珠を巡って展開するカンフー・アクション。ブルース・リャンと倉田保昭の顔合わせが当時、話題を呼んだ。
<allcinema>  allcinemaより
お話はまあシンプル。
ここはひたすらブルース・リャンと倉田先生のアクションを愛でる作品でした。
ブルースリャンの足技のなんて美しいこと!!
壁のぼりのシーンままさしくキターーーーっ!!て感じ。
得点でついていた倉田先生の
「俺たちがブルース・リーに対抗できるのはこれしかない!」と編み出したアクション。
(その割に地味だった・・・とはご本人の弁  苦笑)
いえいえ、手に汗握る名場面でしたよ!!!
ところでこの作品、ちびっこも一緒に見てたんですが、後半倉田先生が出てきてから、どうやら個体識別不能に陥ったらしく、
「こっちがドラゴン(ブルース・リャン?」
「こっちがジャガー(倉田先生)?」
とずっときいていました。
二人とも若かったしね。
若かりし頃のブルース・リャン
Ryan.png
今なら一発でわかるでしょ。
ブルース・リャン近影
ad4e9f7c75f70dc66e095907585e99bd.jpg

んさいげん!


  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 去班加羅爾旅行 その2お誕生日とビリヤニと二重顎モミモミ(09/07)
  3. 去班加羅爾旅行 その1 前振り (08/31)
  4. 発作的夏遠足 (08/21)
  5. どこにいたの?/シン・ゴジラ (08/18)
  6. どっち?どっち??/「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME Dragon 」 (08/17)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。